百人一首かな表示 五十音順並び(上の句50音順)

通番 歌番号

001   79   あきかぜに  たなびくくもの  たえまより   もれいづるつきの かげのさやけさ   左京大夫顕輔
002   1   あきのたの  かりほのいほの  とまをあらみ  わがころもでは  つゆにぬれつつ   天智天皇
003   52   あけぬれば  くるるものとは  しりながら   なほうらめしき  あさぼらけかな   藤原道信朝臣
004   39   あさぢふの  をののしのはら  しのぶれど   あまりてなどか  ひとのこひしき   参議等
005   31   あさぼらけ  ありあけのつきと みるまでに   よしののさとに  ふれるしらゆき   坂上是則
006   64   あさぼらけ  うぢのかはぎり  たえだえに   あらはれわたる  せぜのあじろぎ   権中納言定頼
007   3   あしびきの  やまどりのをの  しだりをの   ながながしよを  ひとりかもねむ   柿本人麻呂
008   78   あはぢしま  かよふちどりの  なくこゑに   いくよねざめぬ  すまのせきもり   源兼昌
009   45   あはれとも  いふべきひとは  おもほえで   みのいたづらに  なりぬべきかな   謙徳公
010   43   あひみての  のちのこころに  くらぶれば   むかしはものを  おもはざりけり   権中納言敦忠
011   44   あふことの  たえてしなくは  なかなかに   ひとをもみをも  うらみざらまし   中納言朝忠
012   12   あまつかぜ  くものかよひぢ  ふきとぢよ   をとめのすがた  しばしとどめむ   僧正遍昭
013   7   あまのはら  ふりさけみれば  かすがなる   みかさのやまに  いでしつきかも   安部仲麿
014   56   あらざらむ  このよのほかの  おもひでに   いまひとたびの  あふこともがな   和泉式部
015   69   あらしふく  みむろのやまの  もみぢばは   たつたのかはの  にしきなりけり   能因法師
016   30   ありあけの  つれなくみえし  わかれより   あかつきばかり  うきものはなし   壬生忠岑
017   58   ありまやま  ゐなのささはら  かぜふけば   いでそよひとを  わすれやはする   大弐三位
018   61   いにしへの  ならのみやこの  やへざくら   けふここのへに  にほひぬるかな   伊勢大輔
019   21   いまこむと  いひしばかりに  ながつきの   ありあけのつきを まちいでつるかな  素性法師
020   63   いまはただ  おもひたえなむ  とばかりを   ひとづてならで  いふよしもがな   左京大夫道雅
021   74   うかりける  ひとをはつせの  やまおろしよ  はげしかれとは  いのらぬものを   源俊頼朝臣
022   65   うらみわび  ほさぬそでだに  あるものを   こひにくちなむ  なこそをしけれ   相模
023   5   おくやまに  もみぢふみわけ  なくしかの   こゑきくときぞ  あきはかなしき   猿丸大夫
024   72   おとにきく  たかしのはまの  あだなみは   かけじやそでの  ぬれもこそすれ   祐子内親王家紀伊
025   60   おほえやま  いくののみちの  とほければ   まだふみもみず  あまのはしだて   小式部内侍
026   95   おほけなく  うきよのたみに  おほふかな   わがたつそまに  すみぞめのそで   前大僧正慈円
027   82   おもひわび  さてもいのちは  あるものを   うきにたへぬは  なみだなりけり   道因法師

028   51   かくとだに  えやはいぶきの  さしもぐさ   さしもしらじな  もゆるおもひを   藤原実方朝臣
029   6   かささぎの  わたせるはしに  おくしもの   しろきをみれば  よぞふけにける   中納言家持
030   98   かぜそよぐ  ならのをがはの  ゆふぐれは   みそぎぞなつの  しるしなりける   従二位家隆
031   48   かぜをいたみ いはうつなみの  おのれのみ   くだけてものを  おもふころかな   源重之
032   15   きみがため  はるののいにでて わかなつむ   わがころもでに  ゆきはふりつつ   光孝天皇
033   50   きみがため  をしからざりし  いのちさへ   ながくもがなと  おもひけるかな   藤原義孝
034   91   きりぎりす  なくやしもよの  さむしろに   ころもかたしき  ひとりかもねむ   後京極摂政(※1)
035   29   こころあてに をらばやをらむ  はつしもの   おきまどはせる  しらぎくのはな   凡河内躬恒
036   68   こころにも  あらでうきよに  ながらへば   こひしかるべき  よはのつきかな   三条院
037   97   こぬひとを  まつほのうらの  ゆふなぎに   やくやもしほの  みもこがれつつ   権中納言定家
038   24   このたびは  ぬさもとりあへず たむけやま   もみぢのにしき  かみのまにまに   菅家
039   41   こひすてふ  わがなはまだき  たちにけり   ひとしれずこそ  おもひそめしか   壬生忠見
040   10   これやこの  ゆくもかへるも  わかれては   しるもしらぬも  あふさかのせき   蝉丸

041   70   さびしさに  やどをたちいでて ながむれば   いづこもおなじ  あきのゆふぐれ   良暹法師
042   40   しのぶれど  いろにいでにけり わがこひは   ものやおもふと  ひとのとふまで   平兼盛
043   37   しらつゆに  かぜのふきしく  あきののは   つらぬきとめぬ  たまぞちりける   文屋朝康
044   18   すみのえの  きしによるなみ  よるさへや   ゆめのかよひぢ  ひとめよくらむ   藤原敏行朝臣
045   77   せをはやみ  いはにせかるる  たきがはの   われてもすゑに  あはむとぞおもふ  崇徳院

046   73   たかさごの  をのへのさくら  さきにけり   とやまのかすみ  たたずもあらなむ  前権中納言匡房
047   55   たきのおとは たえてひさしく  なりぬれど   なこそながれて  なほきこえけれ   大納言公任
048   4   たごのうらに うちいでてみれば しろたへの   ふじのたかねに  ゆきはふりつつ   山部赤人
049   16   たちわかれ  いなばのやまの  みねにおふる  まつとしきかば  いまかへりこむ   中納言行平
050   89   たまのをよ  たえなばたえね  ながらへば   しのぶることの  よわりもぞする   式子内親王
051   34   たれをかも  しるひとにせむ  たかさごの   まつもむかしの  ともならなくに   藤原興風
052   75   ちぎりおきし させもがつゆを  いのちにて   あはれことしの  あきもいぬめり   藤原基俊
053   42   ちぎりきな  かたみにそでを  しぼりつつ   すゑのまつやま  なみこさじとは   清原元輔
054   17   ちはやぶる  かみよもきかず  たつたがは   からくれなゐに  みづくくるとは   在原業平朝臣
055   23   つきみれば  ちぢにものこそ  かなしけれ   わがみひとつの  あきにはあらねど  大江千里
056   13   つくばねの  みねよりおつる  みなのがは   こひぞつもりて  ふちとなりぬる   陽成院

057   80   ながからむ  ここをもしらず  くろかみの   みだれてけさは  ものをこそおもへ  待賢門院堀河
058   84   ながらへば  またこのごろや  しのばれむ   うしとみしよぞ  いまはこひしき   藤原清輔朝臣
059   53   なげきつつ  ひとりぬるよの  あくるまは   いかにひさしき  ものとかはしる   右大将道綱母
060   86   なげけとて  つきやはものを  おもはする   かこちがほなる  わがなみだかな   西行法師
061   36   なつのよは  まだよひながら  あけぬるを   くものいづこに  つきやどるらむ   清原深養父
062   25   なにしおはば あふさかやまの  さねかづら   ひとにしられで  くるよしもがな   三条右大臣
063   88   なにはえの  あしのかりねの  ひとよゆゑ   みをつくしてや  こひわたるべき   皇嘉門院別当
064   19   なにはがた  みじかきあしの  ふしのまも   あはでこのよを  すぐしてよとや   伊勢

065   96   はなさそふ  あらしのにはの  ゆきならで   ふりゆくものは  わがみなりけり   入道前太政大臣
066   9   はなのいろは うつりにけりな  いたづらに   わがみよにふる  ながめせしまに   小野小町
067   2   はるすぎて  なつきにけらし  しろたへの   ころもほすてふ  あまのかぐやま   持統天皇
068   67   はるのよの  ゆめばかりなる  たまくらに   かひなくたたむ  なこそをしけれ   周防内侍
069   33   ひさかたの  ひかりのどけき  はるのひに   しづごころなく  はなのちるらむ   紀友則
070   35   ひとはいさ  こころもしらず  ふるさとは   はなぞむかしの  かににほひける   紀貫之
071   99   ひともをし  ひともうらめし  あぢきなく   よをおもふゆゑに ものおもふみは   後鳥羽院
072   22   ふくからに  あきのくさきの  しをるれば   むべやまかぜを  あらしといふらむ  文屋康秀
073   81   ほととぎす  なきつるかたを  ながむれば   ただありあけの  つきぞのこれる   後徳大寺左大臣

074   49   みかきもり  ゑじのたくひの  よるはもえ   ひるはきえつつ  ものをこそおもへ  大中臣能宣朝臣
075   27   みかのはら  わきてながるる  いづみがは   いつみきとてか  こひしかるらむ   中納言兼輔
076   90   みせばやな  をじまのあまの  そでだにも   ぬれにぞぬれし  いろはかはらず   殷富門院大輔
077   14   みちのくの  しのぶもぢずり  たれゆゑに   みだれそめにし  われならなくに   河原左大臣
078   94   みよしのの  やまのあきかぜ  さよふけて   ふるさとさむく  ころもうつなり   参議雅経
079   87   むらさめの  つゆもまだひぬ  まきのはに   きりたちのぼる  あきのゆふぐれ   寂蓮法師
080   57   めぐりあひて みしやそれとも  わかぬまに   くもがくれにし  よはのつきかな   紫式部
081  100   ももしきや  ふるきのきばの  しのぶにも   なほあまりある  むかしなりけり   順徳院
082   66   もろともに  あはれとおもへ  やまざくら   はなよりほかに  しるひともなし   大僧正行尊

083   59   やすらはで  ねなましものを  さよふけて   かたぶくまでの  つきをみしかな   赤染衛門
084   47   やへむぐら  しげれるやどの  さびしきに   ひとこそみえね  あきはきにけり   恵慶法師
085   32   やまがはに  かぜのかけたる  しがらみは   ながれもあへぬ  もみぢなりけり   春道列樹
086   28   やまざとは  ふゆぞさびしさ  まさりける   ひとめもくさも  かれぬとおもへば  源宗于朝臣
087   71   ゆふされば  かどたのいなば  おとづれて   あしのまろやに  あきかぜぞふく   大納言経信
088   46   ゆらのとを  わたるふなびと  かぢをたえ   ゆくへもしらぬ  こひのみちかな   曾根好忠
089   93   よのなかは  つねにもがもな  なぎさこぐ   あまのをぶねの  つなでかなしも   鎌倉右大臣
090   83   よのなかよ  みちこそなけれ  おもひいる   やまのおくにも  しかぞなくなる   皇太后宮大夫俊成
091   85   よもすがら  ものおもふころは あけやらで   ねやのひまさへ  つれなかりけり   俊恵法師
092   62   よをこめて  とりのそらねは  はかるとも   よにあふさかの  せきはゆるさじ   清少納言

093   8   わがいほは  みやこのたつみ  しかぞすむ   よをうぢやまと  ひとはいふなり   喜撰法師
094   92   わがそでは  しほひにみえぬ  おきのいしの  ひとこそしらね  かわくまもなし   二条院讃岐
095   38   わすらるる  みをばおもはず  ちかひてし   ひとのいのちの  をしくもあるかな  右近
096   54   わすれじの  ゆくすゑまでは  かたければ   けふをかぎりの  いのちともがな   儀同三司母
097   76   わたのはら  こぎいでてみれば ひさかたの   くもゐにまがふ  おきつしらなみ   法性寺入道(※2)
098   11   わたのはら  やそしまかけて  こぎいでぬと  ひとにはつげよ  あまのつりぶね   参議篁
099   20   わびぬれば  いまはたおなじ  なにはなる   みをつくしても  あはむとぞおもふ  元良親王
100   26   をぐらやま  みねのもみぢば  こころあらば  いまひとたびの  みゆきまたなむ   貞信公


※1、※2 の歌人名は長いので省略しました。正しくは次の通りです。
通番 歌番号
034   91  の歌人は、 後京極摂政前太政大臣。  (=藤原良経、よしつね)
097   76  の歌人は、 法性寺入道前関白太政大臣。(=藤原忠通、ただみち)


・百人一首 百歌人中の 藤原族34歌人  南家・京家を含む


・百歌人中の 藤原族34人中  藤原北家流れ31歌人 詳細


■この長い名前2人へのトリビア   Excuse me、蛇足です。  m(__)m
「 忠通(76.法性寺) と 良経(91.後京極) 」 は、「 祖父 と 孫 」 の関係です。
76.忠通 → 兼実  → 91.良経
    → 95.慈円

ここで、兼実は百人一首に登場しませんが、
兼実の兄弟は、前大僧正慈円(95番歌人)です。

また、75.藤原基俊( =藤原道長の3代下) が
「契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり」
と 愛想言葉だけのつれなさをぼやきなげいた その相手は、
代的には藤原道長の5代下になる、76.忠通(法性寺) です。

ところで、
75.藤原基俊が76.忠通に、この75番歌で
「私の息子を寺の講師にしてくれると言ったのに今年も講師になれなかったじゃないのさ」
と歌った、その息子は百人一首には登場しません。


「させもが露・・・= 75.藤原基俊」 の息子は、百人一首に登場しませんが、
74.源俊頼朝臣 の息子が、85.俊恵法師 なんです。

そんなことで、私はながく、
85.俊恵法師が「法師」とありますので、俊恵法師のことを
75.藤原基俊 が「75番歌で歌った基俊の息子」だと勘違いし続けてました。
75.藤原基俊 が「75番歌で歌った基俊の息子」は 光覚 です。 85.俊恵法師 ではありません。
息子の 光覚を 興福寺の維摩会(ゆいまえ)の講師にして欲しいと、
基俊 が忠通に頼んでいたが、その選にもれた為、それをぼやいた歌。



74.源俊頼  → 85.俊恵法師
75.藤原基俊 → 光覚
76.藤原忠通 → 藤原兼実     → 91.後京極摂政前太政大臣(良経)
      → 95.前大僧正慈円

74 憂かりける人をはつせの山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを  源俊頼朝臣
75 契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり     藤原基俊
76 わたの原漕ぎ出でて見ればひさかたの 雲居にまがふ沖つ白波    法性寺(※2)

85 夜もすがらもの思ふころは明けやらで 閨のひまさへつれなかりけり 俊恵法師
91 きりぎりすなくや霜夜のさむしろに 衣かたしき独りかも寝む    後京極(※1)
95 おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ杣にすみぞめの袖   前大僧正慈円


34人の藤原族が占める百人一首
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | かな表示&あいうえお順並び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。