百人一首を覚える たちわかれ 16.中納言行平

■小倉百人一首 16番歌                                        百首一覧

立ち別れいなばの山の峰に生ふる まつとし聞かば今帰り来む  中納言行平

・かな表示
たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ
・読み
たちわかれ いなばのやまの みねにおうる まつとしきかば いまかえりこん
・歌人名
ちゅうなごんゆきひら


■意味
たとえ今は あなたと別れて因幡の国へ去ったとしても
稲羽山(いなばやま)の峰に生えている松ではないですが
あなたが待っていると聞いたなら すぐにも帰って来ますからね。


■解説
いなば     … 因幡(鳥取県東部)、
         往なば(=去って)、
         稲羽、 の掛詞。
まつとし聞かば … 「まつ」は
         「松」と「待つ」の掛詞。
         「し」は強意の副助詞。

55代 文徳天皇 期に、昇進とともに因幡国守に任ぜられる。
この歌は、その赴任の際に詠んだもの。
因幡での勤めは2年余りで終える。


中納言行平(ちゅうなごんゆきひら、818〜893、生没年差 75 )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

在原行平(ありわらのゆきひら)。
阿保親王( ← 第51代 平城天皇の皇子 ) の子 。
17番 在原業平朝臣 の異母兄弟。 (行平は兄、業平は弟)
因幡への赴任から戻ってのち、都で官職を歴任した。
そして、理由は不明だけれど、同じく 文徳天皇 期に須磨に配流される。
この時、行平が 松風・村雨という姉妹の海女を愛したと言われている。
この伝説を元に謡曲「松風」などがある。





■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える ちはやぶる 17.在原業平朝臣

■小倉百人一首 17番歌                                        百首一覧

ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは  在原業平朝臣

・かな表示
ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みづくくるとは
・読み
ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれないに みずくくるとは
・歌人名
ありわらのなりひらあそん


■意味
不思議なことの多い神代の昔の話にも聞いたことがありません。
龍田川の水面に紅葉が散り敷かれ
川の水を「鮮やかな くれない色に絞り染め」たなんて…。
あぁ〜なんという美しさでしょう。


■解説
・ちはやぶる…解説本には「神に掛かる枕詞」との簡単な解説が殆ど。
所がある本に、
「ちはやぶる」の「ち」は、「おろち(大蛇)」や「いのち」の「ち」で、
恐るべき力を持つものとされていた、と書かれていました。
それを見て気になり検索エンジンでチョコッと深入りしてみたのですが、
深入り可能なサイトには出逢えませんでした。
で、この、
『ちはやぶる』は
『「ち」は、破る』として…『強大な力は、信じられないことを起こす』なのか、
『「ち」、早振る』として…『強大な力、あちこちに現れては消える』なのか、
そんなような意味合いなのかなぁ〜と一人勝手に解釈遊びしてしまいました〜。

・からくれなゐ…唐の紅。中国から伝わった紅。
  日本古来の紅色より鮮やかな、大陸渡来の真紅。
・水くくる…川の水を布に見立て、その布を「くくり染め(絞り染め)している」との意。

・落語の題目『千早振る』の要約は、「落語 ちはやふる 要約(4〜0)」

竜田川 はこのあたり



在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん、825〜880、生没年差 55 )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

在原業平(ありわらのなりひら)。
阿保親王( ← 第51代 平城天皇の皇子 ) の子 。
16番 中納言行平(在原行平) の異母兄弟。 (行平が兄、業平が弟)
『伊勢物語』の主人公のモデルとされる。

六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で4番目) &
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で7番目)

六歌仙 & 三十六歌仙なのは 次の三人。
9番 小野小町、12番 僧正遍昭、17番 在原業平朝臣。

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙






■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える すみのえの 18.藤原敏行朝臣

■小倉百人一首 18番歌                                        百首一覧

住の江の岸による波よるさへや 夢の通ひ路人めよくらむ  藤原敏行朝臣

・かな表示
すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ
・読み
すみのえの きしによるなみ よるさえや ゆめのかよいじ ひとめよくらん
・歌人名
ふじわらのとしゆきあそん


■意味
住之江の海岸に 「寄る」波。
その「よる」と言う言葉ではないけれど、
どうして 恋する人は逢いに来てくれないのだろう。
どうして 夜の夢の中でさえ人目を避けるんだろう〜。


■解説
住之江   … 今の大阪市住之江区あたりにあった浜。
よるさへや … 夜までも
よくらむ  … 「よく」 ⇒ よける・避ける。
       「らむ」 ⇒ 現在推量。
       「人目よ、くらむ」ではなく、
       「人目、よくらむ」と区切って読むのが正しい。

94番「おほけなく憂き世の民におほふかな わが立つ 杣に すみぞめの袖」を、
「わが(私の)、たつそま(「たつそま」という名詞的)に」ではなく、
「わがたつ(私が立つ・住む・暮らす)、そまに(杣山に)」が正しいのと同じ。

大阪の「浜」としては他に、
72番(祐子内親王家紀伊) で 「高師の浜」が歌われている。
高師の浜…大阪府高石市の浜。 (高石市は大阪市の南二つ隣りの市)

大阪府は 大阪湾に面する市として 北から
大阪市、堺市、高石市、…となっている。

大阪市住之江



藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん、? 〜 901 ? or 907 ?、生没年差 ? )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

和歌のほかに書にも優れる。
空海とともに能書家とされていた。
家集に『敏行集』がある。
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で8番目)

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える なにはがた 19.伊勢

■小倉百人一首 19番歌                                        百首一覧

難波潟みじかき葦のふしの間も あはでこの世を過ぐしてよとや  伊勢

・かな表示
なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや
・読み
なにわがた みじかきあしの ふしのまも あわでこのよを すぐしてよとや
・歌人名
いせ


■意味
難波潟の芦の あの短い節と節の間のような ほんの少しのあいだも
あなたと逢わないままに、
私にこの世を終えてしまえと あなたはおっしゃるのですか〜


■解説
難波潟     … 淀川の河口付近の入り江。蘆の名所とされた。
ふしの間も   … 短い節と節の間のように、ほんの短い間も。
過ぐしてよとや … 過ごせと仰るのですか


難波潟 ⇒ 今の 「 大阪市のUSJ 」 辺りになるのかも知れませんねぇ〜



伊勢(いせ、872 ? 〜 938 ?、生没年差 66 ? )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

伊勢の守、藤原継陰の娘。 「伊勢の守」は今で言うと「三重県知事」?
宇多天皇の中宮 温子に仕える。
そして、藤原仲平・時平兄弟と交際の後、
宇多天皇の寵愛を受けその皇子を生む。(しかし、皇子は早世)
その後、宇多天皇の皇子敦慶親王と結婚し、中務を生む。

古今集時代の代表的女流歌人。
紀貫之(35番)と並び称せられることもあった。
家集に『伊勢集』がある。

三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で9番目)
三十六歌仙中では 百人一首の女性歌人は 次の二人。
09番 小野小町、 19番 伊勢 。

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える わびぬれば 20.元良親王

■小倉百人一首 20番歌                                        百首一覧

わびぬれば今はた同じ難波なる みをつくしてもあはむとぞ思ふ  元良親王

・かな表示
わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ
・読み
わびぬれば いまはたおなじ なにわなる みをつくしても あわんとぞおもう
・歌人名
もとよししんのう


■意味
どうして良いか行き詰まってしまったのだから、今となってはもう同じことだ。
ええぃ! 難波にある澪標ではないが、どんな事をしてでも 逢おうと思う!


■解説
わびぬれば … 思い悩んでいるので
はた    … また もう
難波なる  … 難波にある
みをつくし … 「 澪標 ( 航路を示す杭 ) 」 と 「 身を尽くし 」 を掛けている。


元良親王は陽成天皇の第一皇子で、美男の貴公子。
宇多上皇の后 褒子(京極御息所)と恋愛を始めたが、いつしか二人の仲が噂として広まる。
上皇の后との不倫だから、バレては大変。
悶々と悩んだ末、命がけの思いを込めた歌を作り、相手の褒子(京極御息所)に届けた。

出典『後撰集』の詞書(ことばがき)がおもしろい。
⇒ 「事いできてのちに 京極御息所(きょうごくのみやすんどころ)につかはしける」
つまり、「不倫が世間にバレてしまって後に、不倫相手に送った歌」と言うこと。

私の、20番歌 「 マッチングYouTube 」 ⇒ 井上陽水 「 闇夜の国から 」 。



元良親王(もとよししんのう、890〜943、生没年差 53 )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

13番 陽成院 (=第57代 陽成天皇 )の第一皇子。 
風流好色の皇子として知られている。


この歌のように「皇室をベースに」「男女間の好いた惚れた」が詠われると
私は「歌に関係する皇族の系図を照らし合わせ」たくなります。
それが私には、とても興味深く面白いので。

歴代天皇一覧 の 20番歌との 関連箇所 抜粋 
陽成天皇、光孝天皇、宇多天皇、元良親王 の関連時期は、平安時代前期。
第50〜60代天皇の時期が おおむね 平安時代前期。(794〜930年)  (桓武天皇〜醍醐天皇)
第61〜70代天皇の時期が おおむね 平安時代中期。(930〜1060年)  (朱雀天皇〜後冷泉天皇)
第71〜81代天皇の時期が おおむね 平安時代後期。(1060〜1192年)  (後三条天皇〜安徳天皇)
平安時代は、794〜1192年 (なくよ鶯平安京〜いいくに造ろう鎌倉幕府) の約400年間。
ですので、平安時代が 西暦800年に始まって1190年に終わる 390年間として、
前期・中期・後期、それぞれは約130年間なので、次のようにイメージできます。
前期は、800〜930年
中期は、930〜1060年 
後期は、1060〜1190年。
 
百人一首のメイン時代区分の「平安時代」。こう覚えると区切りよく覚えられます。


元良親王関連系図
陽成院、光孝天皇、宇多上皇、元良親王 の血縁関係がよく分かります。
上記の4人は、54代 仁明天皇の血統です。

13番歌 陽成天皇の生誕年は、15番歌 光孝天皇の生誕年の38年後なのですが、
13番歌の陽成天皇が57代天皇(在位期間 876〜884、差8年)、
15番歌の光孝天皇が58代天皇(在位期間 884〜887、差3年)です。
このようなことも私にはとても興味深いです。
「元良親王の女好きぶりが皇位の継承をひいお爺ちゃんの代まで遡らせた!?」
と考えると実に面白いです。
「皇位が曾祖父の代に遡った実際の背景」はまた折を見て調べておきます。
同じような興味を覚えられましたら、ご自分でもお調べになると面白いカモです。

実際の所は、陽成天皇が光孝天皇に皇位を譲位後、元良親王が生まれたようです。
元良親王の父 陽成天皇は、9才で即位したけれど、精神を患って在位期間8年で退位。
陽成天皇の祖父(55代文徳天皇) の 弟(=15番 光孝天皇)に皇位を譲った。
ですので、これも憶測になりますが・・・。
元良親王は「自分には天皇の座は回ってこない」と諦め、
お気楽に女遊びを満喫したのかも知れません。

この時期のプレイボーイというと『源氏物語』の主人公 光源氏。
元良親王のことをこうして書いてみると、
元良親王が光源氏のモデルかなとも思えてくるのですが、
光源氏のモデルとされてるのは、
筆頭候補が源融(14番 川原左大臣)説で、
筆頭ではないですが、光孝天皇(15番)説もあるようです。

また、光源氏の父 桐壺帝の代は、
『源氏物語』に登場する各天皇から察すると
60代 醍醐天皇に相当します。



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする