百人一首を覚える あきのたの 1.天智天皇

■小倉百人一首 1番歌                                        百首一覧

秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ  天智天皇

・かな表示
あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
・読み
あきのたの かりおのいおの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
・歌人名
てんじてんのう


■意味
秋、稲を刈り取る季節。
田んぼのほとりにある仮小屋。
その屋根を葺いた苫の編み目が粗いので、
私の衣の袖は 露に濡れていくばかりです。


■解説
百人一首の第1首は、
日本の秋、黄金色に実った田んぼの風景から始まる。
天皇が稲の見張りをするわけはないので、
農民の立場になって その労働の厳しさを思いやった歌?
実った稲、秋の冷気と夜露、といった 日本の風景の原点のひとつがイメージされる歌?
定家は、
日本の繁栄と和歌の原点がこの歌にあると考え この歌を第1首としたのでしょうか?
でも、「田んぼ」を示す「田」の字があるのは この歌と71番「夕されば〜」のみ。
恋の歌集に 「田んぼ」は そんなには関係ないのかも…。 (>_<) いたた


天智天皇(てんじてんのう、626〜672、生没年差 46 。 38代天皇、在位 661〜672、年差 11年 )
天智天皇は、在位中になくなる。
 飛鳥時代の人。 (飛鳥時代は 6世紀末 〜 710 の 120〜130年間)_
41代 持統天皇(2番歌 歌人)の父親。
中大兄皇子(なかのおうえのおうじ)。
「乙巳の変(645年)」の中心人物。
「乙巳の変」を契機として「大化の改新(646年)」に発展する。

乙巳の変」(いっしのへん・おっしのへん)
飛鳥時代 36代 孝徳天皇期の 645年に起きた政変(クーデター)。
中大兄皇子、中臣鎌子らが 宮中で 蘇我入鹿を暗殺し 蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした。

大化の改新
飛鳥時代 36代 孝徳天皇期の 646年に発布された 「改新の詔(かいしんのみことのり)」
に基づく政治的改革。

中大兄皇子として知られているけれど、正しくは葛城皇子。
「大兄」とは皇太子の意で、「中大兄」は「次の皇太子」という意味。

「乙巳の変」で中大兄皇子をささえたのが 中臣鎌足(なかとみのかまたり)。
中大兄皇子が天智天皇となってのち その功績により天智天皇は中臣鎌足に藤原性を与える。
以降、中臣鎌足は藤原鎌足と呼ばれる。 ⇒ 藤原氏の氏祖。

百人一首の編者 藤原定家は 藤原鎌足の子孫(16代下)です。
このことについて、このブログ内関連記事
@1番歌は聖徳太子でも良かったんじゃない?
A定家の孫 から 18代 遡(さかのぼ)ってみる





■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える はるすぎて 2.持統天皇

■小倉百人一首 2番歌                                        百首一覧

春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山  持統天皇

・かな表示
はるすぎて なつきにけらし しろたへの ころもほすてふ  あまのかぐやま
・読み
はるすぎて なつきにけらし しろたえの ころもほすちょう あまのかぐやま
・歌人名
じとうてんのう


■意味
春が過ぎて夏が来てしまっているらしい。
夏になると真っ白な衣を干すという香具山なのだから。


■解説
白と緑が目に鮮やかな初夏の到来を歌った歌。 
藤原京から香具山を遠望しての歌。
てふ … 〜と言う。
    夏に衣を干す習わしがある’と言う’天の香具山なのだから〜
香具山…奈良県橿原市の山。
    大和三山(香具山・畝傍山・耳成山)の一つ。 
    天上から降りてきたという神話的伝説から「天の」を冠する(枕詞)。
    持統天皇の居た藤原京から見て、香具山は東南の方向にある。


藤原宮跡 & 大和三山(耳成山、天香具山、畝傍山)



持統天皇(じとうてんのう、645〜703、生没年差 58 。 41代天皇、在位 690〜697、年差 7年 )
 飛鳥時代の人。 (飛鳥時代は 6世紀末 〜 710 の 120〜130年間)_
38代 天智天皇(1番歌 歌人)の皇女。
40代 天武天皇の皇后。 
そして、父崩御(38代 天智天皇は在位中に亡くなる)の15年後、3代のちに、
41代 持統天皇 となる。(持統天皇は4人目の女帝)
持統天皇(飛鳥時代)の衣装をイメージすると 右写真のようになるようです。
高松塚古墳の『女子群像』はこの時期の絵ですので 雰囲気が同じです。





■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える あしびきの 3.柿本人麻呂

■小倉百人一首 3番歌                                        百首一覧

あしびきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む    柿本人麻呂

・かな表示
あしびきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ
・読み
あしびきの やまどりのおの しだりおの ながながしよを ひとりかもねん
・歌人名
かきのもとのひとまろ


■意味
山鳥の あの垂れ下がった尾の 長々しさのように、
秋の長々しい夜を 独りで寝るのだろうか…。 
あぁ〜寂しいぃ〜。


■解説
あしびきの … 「山」の枕詞。
山鳥    … キジ科の鳥。
       昼は雄雌一緒にいるが、
       夜は谷を隔てて別々に寝るとされていた。
       そのため、独り寝の悲哀をあらわす歌の言葉となった。
しだり尾  … 長く垂れ下がっている尾。
       尾が長いのはオス。
       「男が 独り寝の悲哀をかみしめ」ている おもむき
       を醸し出している。



柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ、660頃 〜 720頃、生没年差 60くらい? )
 飛鳥時代の人。 (飛鳥時代は 6世紀末 〜 710 の 120〜130年間)_
下級官人であったらしい。詳細は不明。
万葉時代の最大の歌人。
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で1番目)

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える たごのうらに 4.山部赤人

■小倉百人一首 4番歌                                        百首一覧

田子の浦にうち出でて見れば白妙の 富士の高嶺に雪はふりつつ  山部赤人

・かな表示
たごのうらに うちいでてみれば しろたへの ふじのたかねに ゆきはふりつつ
・読み
たごのうらに うちいでてみれば しろたえの ふじのたかねに ゆきはふりつつ
・歌人名
やまべのあかひと


■意味
田子の浦に出て眺めてみると、
真っ白な富士の高嶺に まさに今、雪が降っている。
あぁ〜なんという絶景だぁ〜。


■解説
田子の浦 … 静岡県の駿河湾にそそぐ富士川河口付近の海岸。
      当時、駿河湾の西部一帯をさし、歌枕とされた。
 
歌の背景:
実際には、山頂に降っている雪は見えない。
しかし、見えている風景に対して ’想像力’ を働かせた歌。
百人一首の楽しみ ⇒ 31文字で想像力・イメージを膨らませる。

私には、江戸時代の浮世絵 葛飾北斎の『神奈川沖浪裏』と
山部赤人のこの歌が ダブります。

田子の浦



山部赤人(やまべのあかひと、8世紀半ば、生没年差 ? )
 奈良時代の人。 (奈良時代は 710〜794年 の 80余年間)_
宮廷に仕えた人。
『万葉集』第三期の代表的歌人。
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で2番目)

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首を覚える おくやまに 5.猿丸太夫

■小倉百人一首 5番歌                                        百首一覧

奥山にもみぢ踏み分け鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき  猿丸太夫

・かな表示
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき
・読み
おくやまに もみじふみわけ なくしかの こえきくときぞ あきはかなしき
・歌人名
さるまるだゆう


■意味
人里離れた奥山で、
散り敷かれたような紅葉を踏み分け鳴いている雄鹿。
その雄鹿(牡鹿)の声を聞くと、
いよいよ秋はしみじみと物悲しく感じられますなぁ〜。


■解説
紅葉踏み分け … 主語は牡鹿。晩秋の風景。
        鹿は古の日本人が多いに親しんできた動物。
背景     … 牡鹿が牝鹿を求め鳴く声の物悲しさは
        古の人にとって秋の季節を代表するもの。

牡鹿の鳴き声が「哀しく聞こえる」のは
歌人自身が寂しく哀しいからかも知れない。


猿丸太夫(さるまるたゆう、8世紀〜9世紀?、生没年差 ? )
 奈良時代の人。 (奈良時代は 710〜794年 の 80余年間)_
伝説的歌人。 詳細不明。
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で3番目)

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。