百人一首と ♪東へ西へ

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


10 これやこの行くも帰るもわかれては しるもしらぬも逢坂の関  蝉丸


■歌の意味
これがあの、これから旅立つ人も帰る人も、知っている人も知らない人も、
別れてはまた逢うという、逢坂の関なのですよ。


■東へ西へ    井上陽水



■マッチング背景
蝉丸の歌。
私にとって「なんでこの歌が選ばれているの?」と不思議に思う筆頭の歌です。
でもこの歌を10番歌として定家が選んだのは、
定家なりの判断(ある種のお遊び)が加味されているのだろうとも思っています。
定家自身の歌は97番「来ぬひとをまつほの浦の夕なぎに〜」ですので、
97番歌に合わせるなら、題名だけなら井上陽水の「待ちぼうけ」があります。
でも私には、もひとつしっくり行くペアとは感じられません。
それで、陽水のYouTubeを懐かしみながら聴いていたら、
押尾コータローとの共演で「東へ西へ」に出会いました。
押尾コータローのギターは好きですし、井上陽水も好きですので、
「おぉ〜これは、何となく蝉丸の歌だぁ〜」と思いました。


逢坂の関
山城国と近江国の国境となっていた関所。
東海道と東山道(後の中山道)の2本が逢坂関を越えるため、
交通の要となる重要な関であった。
その重要性は、平安時代(794〜1192) の中期以後には、
三関の一つとなっていた事からも見てとれる。

近世に道が掘り下げられた事などから、
関のあった場所は現在では定かでない。
滋賀県大津市逢坂2丁目の長安寺付近にあった関寺と
逢坂関を関連付ける記述が更級日記や石山寺縁起に見られる事などから
同寺の付近にあったと見られる。
滋賀県大津市大谷町の国道1号線沿いの逢坂山検問所脇にも
「逢坂山関址」という碑が建てられている。

と言うことで、蝉丸の「逢坂の関」は今の大津市のあたりに在ったようです。
「逢坂」ですので、今の大阪府とか大阪市とは余り関係ないようです。


■逢坂の関   by Google マップ
・その1



・その2




posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首と ♪悲しみがとまらない

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


86 なげけとて月やはものを思はする かこち顔なるわが涙かな  西行法師


■歌の意味
嘆き悲しめと月が私に物思いをさせているのだろうか。
…いや、そうではない。
そうではないのだが、そうとでも思いたくなるほど、
月にかこつけるようにして、涙が流れてしまうのです。


■悲しみがとまらない    ANRI



■マッチング背景
私にはANRIよりも杏里で馴染んでいる曲です。
1980年代前半に良く聴きました。
この組み合わせは、ANRIの歌の始まりでもう決まりです。(笑)

I can't stop the lonliness  こらえきれず 悲しみがとまらない
I can't stop the lonliness  どうしてなの 悲しみがとまらない

I can't stop the lonliness  誰か救けて 悲しみがとまらない
I can't stop the lonliness  こらえきれず 悲しみがとまらない


西行法師 について (1118〜1190年、差72年)
僧侶になる前は北面の武士、佐藤 義清(さとう のりきよ)。
西行としては、平安時代末期の僧侶・歌人。
父 左衛門尉 佐藤康清、母 源清経女。

1137年、鳥羽院の北面の武士として奉仕していたことが記録に残る。
1140年、23歳で出家して円位を名のり、後に西行と名のった。
その動機は、友人の急死にあって無常を感じたという説が主流とされる。
しかし、失恋説もある。
室町時代物語『西行の物かたり』には、
御簾の間から垣間見えた女院の姿に恋をして苦悩から死にそうになり、
女院が情けをかけて一度だけ逢ったが、「あこぎ」と言われて出家した、とある。
この女院は、鳥羽院の中宮であった待賢門院璋子であると考えられる。

西行の出家の理由を失恋とするのが、
研究する側も、それを観賞する側も面白い(より興味がそそられる)ようですが、
ほかに、西行の生涯を知る上で重要な書物の『西行物語絵巻』では
親しい友の死を理由に北面を辞したと記されているようです。

出家後は心のおもむくまま随所に草庵をいとなみ、
しばしば諸国をめぐり漂泊の旅に出て多くの和歌を残しました。

【西行の出家時の逸話】
出家の際に衣の裾に取りついて泣く幼子(4歳)を縁から蹴落として家を捨てたという。
ただしこの話は、仏教説話としてオーバーに表現されているという意見がある。
いずれにしても、話題性に富むお方です。西行(佐藤義清)。

【西行の 有名な晩年の歌】
西行は次の歌を生前に詠み、その歌のとおり、陰暦2月16日、
釈尊涅槃(しゃそんねはん)の日に入寂したといわれている。享年73。

願はくは 花の下にて 春死なん その如月の 望月のころ

如月(きさらぎ)…陰暦の2月。 
望月…満月(西行は十五夜のころに亡くなりたかったようです。さすが西行さん。)
旧暦での12ヶ月は、
睦月、如月、弥生、 卯月、皐月、水無月、
文月、葉月、長月、 神無月、霜月、師走 。
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首と ♪Miss Brand New Day

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


46 由良のとを渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋のみちかな  曾禰好忠


■歌の意味
由良の瀬戸を漕ぎ渡って行く舟人が かじを失い 行く先も分からず漂うように、
私の恋の行方も ひどく たよりないものだなぁ〜


■Miss Brand−New Day    サザンオールスターズ

歌詞


■マッチング背景
Miss Brand-New Day の解説を見ると次のようなことが書かれています。

1984年6月25日にリリースされたサザン20枚目のシングル。30万枚を売り上げた。
タイトルは、『日々新しいブランド・流行を追い求める女性』と言った意味。
流行に流されやすい当時の女子大生の姿を風刺した。
ただ、こうした風潮への批判を意図したものではなく、
「このような傾向を持つ現代の女を愛してしまう ちょっと甘い男 のラプソディー(狂想曲)」
と桑田は語っている。

この桑田佳祐の述懐…。
私には曾禰好忠の歌と殆ど同じように思えてしまいます。 (=^‥^A アセアセ・・・
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首と ♪炭坑節

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


06 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも  安倍仲麿


■歌の意味
大空をふり仰いで、はるか遠くを眺めると、
今見ている月は、かつて奈良の春日にある三笠の山に出ていた月と同じ月なのだなぁ。


■炭坑節    南春男



■マッチング背景
夜空を見上げて、ふと月を見つける。
その時に巡らす思いは人それぞれ。
おなじ人でも、TPOで色んな見え方をするモノです。
月を見て詠った和歌は沢山ありますが、
それとマッチングするような唄はなかなか見つかりませんでした。
そんな中、「炭坑節」はちょっと笑いを誘いながらも、
なんとなく私に阿倍仲麻呂の歌をイメージさせました〜。 <(_ _)>



■関連メモ  阿倍仲麻呂と鑑真、そして空海&最澄

・阿倍仲麻呂(698?〜770?、70余才?)   遣唐使
百人一首の歌人としては奈良時代の最後の歌人。(飛鳥時代の最後の歌人は柿本人麻呂)
753年12月、阿倍仲麻呂は鑑真和上と同じ帰船団に乗る。
この帰船団は暴風雨に遭い、仲麻呂の船は今のベトナムに漂着し帰国果たせず。
その後、仲麻呂は唐で没す。

・鑑真(688〜763、75才)   唐招提寺 [ in 奈良 ] ゆかり人
一方、鑑真和上はこの帰船団で10年掛かりの来日を果たす。
763年(天平宝字7年)唐招提寺で死去(入寂)。
「唐招提寺」 は 唐のお坊さん(=鑑真和上のこと) が建てた寺との意味がある。 
関連書籍 … 井上靖 著 『天平の甍』 など

・空海と最澄
鑑真の後を受けて、 平安時代には、
空海(774〜835、61才)真言宗・京都市 東寺&和歌山県高野山 金剛峯寺
最澄(767〜822、55才)天台宗・滋賀県比叡山 延暦寺  (最澄は藤原冬嗣と関係あり)
が仏教をよりしっかり広める。
関連書籍 … 司馬遼太郎 著 『空海の風景』 など

・飛鳥時代(500年代末〜)、奈良時代(710〜)、平安時代(794〜)、鎌倉時代(1192〜)
関連記事 ⇒ 「百首は日本の歴史のどの範囲」


■春日山 (阿倍仲麻呂の歌の、三笠山)   by Googlemap
奈良公園の東にある山のひとつ。
奈良公園の東の北側にあるのが若草山。(草焼きで有名)
奈良公園の東の南側にあるのが春日山。
昔、山容が天皇に差し掛ける衣笠(絹張りの傘)に似ているとされ、
「みかさ山」と呼ばれていた。(一説)



■唐招提寺   by Googlemap
春日山から西へ数キロメートルのところにある。
鑑真が建基(今の普通の言葉では施工主ぐらいでしょうか)。


 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百人一首と ♪夏空グラフィティ

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


02 春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山  持統天皇


■歌の意味
春が過ぎて夏が来てしまっているらしい。
夏になると真っ白な衣を干すという香具山なのだから。

白と緑が目に鮮やかな初夏の到来を歌った歌。 藤原京から香具山を遠望しての歌。


■夏空グラフィティ    いきものがたり



■マッチング背景
私はこのYouTubeを見たとき、直感的に
「夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ」を イメージしてしまいました〜。 (笑)


■関連メモ  藤原宮と大和三山
天香具山(あまのかぐやま)は、奈良県橿原市にある丘陵。
天香具山、畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)で 大和三山 と呼ばれる。

「あまのかぐやま」の表記について:
「天香具山」 と 「天香久山」 の二通りあります。
地元の橿原市では 「天香久山」 または 「香久山」 を公式に使用しています。
JR西日本の桜井線にある駅は、「香久山駅」 です。
「あまのかぐやま」への最寄り駅は、近鉄大阪線の 「耳成駅」 です。


■藤原宮と大和三山付近   by Googlemap




■持統天皇について
第38代天智天皇の娘。天智天皇は1番「秋の田の〜」歌人(中大兄皇子)。
第41代天皇(四代目の女性天皇)
百人一首は、
1番&2番と天皇親子で始まり、
99番&100番で天皇親子で終わります。(82代 後鳥羽天皇& 84代 順徳天皇)
歴代天皇一覧
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする