定子に仕えたのは清少納言のみ

56.和泉式部から62.清少納言まで66代一条天皇の皇后・中宮に仕える女官が7名続きます。
      
56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな  和泉式部
57 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部
58 ありま山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする       大弐三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな  赤染衛門
60 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立        小式部内侍 
61 いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな       伊勢大輔
62 夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ      清少納言
   

歌番号を意識して百人一首に接していると、百人一首のこのあたりは、最も華々しく、まさに平安時代中期の国風文化・女流文学の全開を香せます。それは「摂関家としての藤原家」の全盛の時期でもあったのでしょう。
皇后は、定子。  ← 藤原道隆の長女 ( [道隆×54.儀同三司母] の娘。 道隆は道長の兄)
中宮は、彰子。  ← 藤原道長の長女
定子に仕えたのは、62.清少納言のみ。
彰子に仕えたのは、56.和泉式部、57.紫式部、58.大弐三位、
            59.赤染衛門、60.小式部内侍、61.伊勢大輔。

定子は、66代一条天皇の皇后でしたが、三人目の出産で早世してしまいます(1000年・23才)。(※)
一方、彰子(定子の11年後生)は、定子の三人目の出産の年に、定子という皇后が懐妊中でまだ健在でいるにもかかわらず、道長に強引に一条天皇に入内させられます。定子はこの出産で亡くなるのですが、彰子はこののち、一条天皇との間に二人の天皇を産みます。

百人一首と接していると、
定子に較べ、彰子に多くの女官が付いているように見えるのは、
定子の短命もさることながら、道長の影響が強いのでしょう。
「定家は道長の血を引いているけれど、道隆の血は引いていない」というのも若干関係しているかも・・・、
と考えるのも想像遊びとしては面白いです。

参考1) 道隆[道長の兄]、定子、清少納言、枕草子、が分かる ⇒ 『枕草子』は定子への鎮魂歌か?
参考2) 母性愛の彰子×野心家の道長、 随筆の枕草子×小説の源氏物語

道隆: 953〜 995、差42
道長: 966〜1027、差61
定子: 977〜1000、差23  (※)
彰子: 988〜1074、差86  女院の第二号(第一号は詮子=道隆の妹・道長の姉・一条帝の実母)
納言: 966〜1027、差61   ← 不詳データ(殆ど道長と同じ)
式部: 973〜1019、差46   ← 不詳データ

・道長の暴走、式部&彰子の思い。 (権力者の傲慢と女性の意思) 

 左YouTube、5分20秒からが面白いです。
 一条天皇 崩御の報せに接して
 道長が素早く、彰子の子(道長の孫)を
 皇太子(三条天皇の次)と決めてしまう。
 これに対し彰子は、「皇太子は
 定子の息子であるべきだ」と道長に訴える。
 彰子のこのような考えはどのようにして
 彰子の中に根付いたのか・・・。


・百人一首 百歌人中の 藤原族34歌人  南家・京家を含む


・百歌人中の 藤原族34人中  藤原北家流れ31歌人 詳細


四子を四天皇へ入内させた道長


・平安時代中期の天皇系図


天皇家直系系図  


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首と 藤原家・冷泉家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。