四子を四天皇へ入内させた道長

藤原道長(966〜1027、差61)は四人の娘を四天皇に入内(じゅだい)させてます(。そうして娘にやり手の女官を付ける。その女官達は知識教養という魅力を娘達に得させる。その魅力で娘は、天皇の気持ちをガッチリつかむ。『源氏物語』は紫式部が1008年頃に書き終えたとされる、王朝の色恋沙汰や人生の無常を描いた、54章に及ぶ長編物語です。

紫式部は彰子の女官です。彰子は道長の娘であり、一条天皇の夫人です。そういう背景をイメージすると、一条天皇は、紫式部から彰子へ逐次流される書き物(物語)を、夜な夜な彰子から読み聞かしてもらう面白さに、虜になってたとも想像されます。韓流ブームで毎週流された「冬ソナ」に、膨大多数の熟女の皆様方が夢中になったのと同じように・・・。

そんな事情も含めて、道長を代表格とする摂関家の権力は増大したことでしょう。この、道長や一条天皇の近辺の女性が百人一首でオンパレードするのが53番右大将道綱母あたりから 67番周防内侍あたりです。ただ、三条天皇は、一条天皇と同様に道長の娘を妃としながらも、道長に苦汁を飲まされます。その結果が三条院の68番歌とも受け取れます。「心にもあらで浮き世に長らへば恋しかるべき夜半の月かな」。



平安時代中期の天皇系図  中期:930年ころ〜1060年ころ 目安:61代朱雀天皇〜70代後冷泉天皇



●レベル1
長女 (彰子)を 66代 一条天皇に。
次女 (妍子)を 67代 三条天皇に。  一条天皇&三条天皇は従兄弟。
●レベル2
三女 (威子)を 68代 後一条天皇に。 後一条天皇は道長の孫。[一条天皇×彰子]の子。
六女 (嬉子)を 69代 後朱雀天皇に。 後朱雀天皇も道長の孫。[一条天皇×彰子]の子。
ですので、三女&六女 については「娘を孫にそわせて」ます。

●レベル3
70代 後冷泉天皇は、[後朱雀天皇 (孫) ×嬉子 (六女) ]の子。
71代 後三条天皇は、[後朱雀天皇 (孫) ×禎子内親王 (孫) ]の子。
ここで、禎子内親王は[三条天皇×妍子 (次女)]の子なので、道長の孫です。


 71代 後三条天皇は、父系を辿っても母系を辿っても、道長が「曾祖父のひとり」となり、道長の血を色濃く継いでます。長女 (彰子) も 次女 (妍子) も、71代 後三条天皇の祖母です。道長はおうような性格だったようですが、こと自分の血(DNA)を天皇家に馴染ませる事に関して、二重三重の安全策を施す「並々ならぬ情熱を持った人」と感じます。
 レベル2(後一条・後朱雀 兄弟)に関しては「彰子よ、でかした!」と言ったところ。所が、レベル3では「おぉ、ダンナの三条帝はもひとつだったけど、妍子に娘がいてくれてよかったよかった!」
 71代 後三条天皇は、現天皇の直系天皇のお一人ですし、平安後期に院政を始めた72代白河天皇の父親です。平安後期は、平安中期の「母系の摂関政治」から「父系の院政」にシフトした時期とも言えます。この父系の血は「平」系と結びつき「平安後期の特徴」を醸し出します。

 しかし、道長のようなことを既に道長の大先祖様がしているのですね。道長の家流は「藤原北家」。「北家」の祖は藤原房前。その房前の父、つまり藤原不比等(659〜720)がそうです。
 不比等は「北家」の房前をはじめとする「藤原四家」四兄弟の父。藤原氏の祖である鎌足の子。平城京を監視するかのような、興福寺(藤原氏の氏寺)の五重塔を建てたお方です。
 「恐るべし、藤原氏のDNA・・・」なんちゃって。

関連記事 ⇒ 「定家の孫 から 18代 遡ってみる」



百人一首の編者である定家は、藤原北家の流れを継いだ流れ、道長の子・長家が祖となる御子左家流れ、の人です。百人一首と言えば、現在も続いている冷泉家という家流がイメージされるようです。しかし定家は厳密には冷泉家の人ではありません(冷泉家流の上流の人ではあります)。冷泉家の祖は、定家の孫の冷泉為相(ためすけ)です。そもそも冷泉家は、御子左家の分家です。本家(御子左家[二条家])と他の分家(京極家)が北朝時代までに断絶したため、「百人一首=藤原定家=冷泉家」という図式となったのでしょう。


為相は、為家の息子です。
為家は、「宇都宮蓮生の娘」を夫人としています。
蓮生は、襖色紙の装飾にと定家に選歌を依頼し、小倉百人一首のきっかけを作った人物です。
ただし、為相は「蓮生の娘」との間の子ではありません。


百人一首の百歌人中 人数の多い「氏・族」ベスト3は、藤原系=34人、源系=13人、皇族=10人 です。源と聞くと「源氏と平家」という武士・武家の対立表現がイメージされます。ところが、百人一首に接していて分かったのですが、源系も平系も源流は天皇家系の血統です。これにはビックリしました。百歌人中で皇族の内訳は、天皇が8人、皇太子&内親王がそれぞれ1人です。天皇 8人のうち 1人、持統天皇は女性天皇です。


  
2/5 3/5 彰子の入内・定子の他界・道長と源氏物語 4/5 道長の暴走・式部&彰子の思い 5/5
タグ:藤原道長
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首と 藤原家・冷泉家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。