百人一首を覚える わすれじの 54.儀同三司母

■小倉百人一首 54番歌                                        百首一覧

忘れじの行末まではかたければ 今日をかぎりの命ともがな   儀同三司母

・かな表示
わすれじの ゆくすゑまでは かたければ けふをかぎりの  いのちともがな
・読み
わすれじの ゆくすえまでは かたければ きょうをかぎりの いのちともがな
・歌人名
ぎどうさんしのはは

 
■意味
いつまでも忘れないからねと おっしゃる貴方の気持ちが、
この先もずっと続くかどうかは私には分かりません。
ならばいっそ、そう言ってくれる幸せな今日を最後とする命としたいものです。


■解説
忘れじの  … 忘れないという
かたければ … 難しいので
命ともがな … 命であって欲しい

・歌の背景
貴子のもとに道隆が通ってくる。
その道隆が貴子に「あなたのことを生涯忘れはしません」と優しく永遠の愛を誓う。
しかし、人の気持ちは変わるもの。そんな約束が果たされるとは思えない。
そこで、貴子は思う「愛されて幸せの絶頂にいる今、命を終えたい」。

同じような歌を、和泉式部・赤染衛門も歌っている。(百人一首の歌ではないけれど)
和泉式部  こよひさえ あらばかくこそ 思ほえめ 今日くれぬまの 命ともがな
赤染衛門  明日ならば 忘らるる身に なりぬべし 今日を過ぐさぬ 命ともがな

和泉式部の「あらばかくこそ」は難解ですが、雰囲気的に、この上の句は
「今宵あなたと過ごせる時間が持てるなら・・・」、と言ったところでしょうか。


儀同三司母(ぎどうさんしのはは、?〜996、生没年差 ? )
 平安時代中期の人。_ 
 中期を 930〜1060年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

高階成忠(たかしななりただ)の娘。名は貴子(きし ← 暗黙のルールでは「音読み」だそう)。
藤原道隆の妻。(=藤原道長[966〜1028、生没年差 62 ]の義理の姉)
藤原伊周(これちか)、藤原隆家、定子、の母。
「儀同三司母」という名は、伊周の官名(儀同三司)による。
定子は 66代 一条天皇 の中宮。

息子が儀同三司、娘が天皇の后、というふうに、
貴子一族は華やかな立場だった様子。
しかし、その華やかさは 伊周が道長との争いに敗れて失脚し 暗転する。
貴子の晩年はつらく厳しいものだったという。

63番歌 今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな
の歌人 左京大夫道雅は 伊周の息子ですので、54.儀同三司母の孫です。



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。