百人一首の編者 定家の意図・思惑、百人一首と天皇、100歌人の生没年分布


■小倉百人一首の編者 藤原定家の意図・思惑。

小倉百人一首の歌番号は、編者の藤原定家が付けたものではなく、
後の世(江戸時代?)の誰かが付番したと言われています。
それでも、小倉百人一首の選歌にさいして藤原定家は意図的に、
「天皇親娘」で始め「天皇親子」で終わらせていると、十分伺えます。
   このサイト内での関連記事:
     ・百人一首 百首の時代範囲・歴史
     ・百人一首は歌織物 ( 百人一首の配置図 ) 林 直道 さんの説ですが、面白いです。

小倉百人一首には、この4人の天皇のほかに、途中にも4人の天皇がおり、
計8人の天皇が登場します。
冒頭 ⇒ 天智天皇(1番)、持統天皇(2番)
末尾 ⇒ 後鳥羽院(99番)、順徳院(100番)
途中 ⇒ 陽成院(13番)、光孝天皇(15番)、三条院(68番)、崇徳院(77番)

天皇の他に、親王(20番 元良親王)、内親王(90番 式子内親王)もいます。

百首の内の1割が皇族というのが面白いです。
もちろん、天皇・親王・内親王、でなくてもほとんど皇族のような歌人も沢山います。

そういう意味で、百人一首に接し続けてきて私が感じはじめたのは、
『百人一首には「皇族」という「幹」が一本入っているなぁ〜』ということでした。
そしてこのことから発展し、私にとって百人一首に親しむことは
和歌に親しむことはもちろんですが、
日本を知る、日本の歴史に親しむことにもなりました。


■古代区分 平安時代(前期・中期・後期)の 歴代天皇   (画像クリックで全125代表示されます)


  百人一首がからむ4時代の 年範囲と関連天皇 (百人一首は38代天智天皇〜84代順徳天皇)
  飛鳥時代(6C末 〜 710)  33代 推古天皇  〜 42代 文武天皇
  奈良時代( 710 〜 794)  43代 元明天皇  〜 49代 光仁天皇
  平安前期( 794 〜 930)  50代 桓武天皇  〜 60代 醍醐天皇
  平安中期( 930 〜 1060)  61代 朱雀天皇  〜 70代 後冷泉天皇
  平安後期(1060 〜 1192)  71代 後三条天皇 〜 81代 安徳天皇
  鎌倉時代(1192 〜 1333)  82代 後鳥羽天皇 〜 96代 後醍醐天皇


■歌人の生没年分布図   (画像クリックで標準サイズで表示されます)

生没年未詳の歌人については、没年齢を 原則 50才として、
ネット辞典wikipedia なども参照し 極力正確を期して生没年を設定しました。
 
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首の 時代・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。