I've Lost You  Elvis Presley  去りし君へのバラード  エルビスプレスリー

かたわらに横たわり眠る君を見つめる 
その寝顔には子供のようなあどけなさ
まどろみながら叶わぬ夢を いつも心のすみで夢見てる
こんなに近くにいる君を失った でも体だけは昔のまま
二人、旅の途中ではぐれたけれど それがいつどこでかは分からない
夏が秋へと移ろう時を見抜ける人も 愛が冷える瞬間を言い当てる人もいない
そっと、痛みもなく喜ぴは終わる 二人とも理由さえ分からぬままに


Oh,君を、君を失ってしまったよ もう届かないところにいるんだね
二人、話し合うべきだけど この気持ち、原因が分かっても変わらない

*くり返し

午前6時、赤ん坊が泣き出すと 寝呆けながら扉へと向かう君
曇った朝の寒さの中で 憤れすぎた役割を演じる僕ら
Oh,君を、君を失ってしまったよ 君は否定をするけれど
旅の途中ではぐれた二人 でもいつどこでかは分からない

*くり返し
 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッチング YouTube 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック