百人一首を覚える をぐらやま 26.貞信公

■小倉百人一首 26番歌                                        百首一覧

小倉山峰のもみぢ葉心あらば 今ひとたびのみゆき待たなむ   貞信公

・かな表示
をぐらやま みねのもみぢば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ
・読み
おぐらやま みねのもみじば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなん
・歌人名
ていしんこう


■意味
小倉山の峰のもみじの葉よ。
あぁ〜あなたに心があるなら、もう一度 天皇の「お出まし」があるまで
どうか散らずに そのままで待っていておくれ。


■解説
みゆき…天皇などのお出かけを言う。
    天皇には、   「行幸」
    上皇・法皇には、「御幸」 の字をあてる。


紅葉の京都・嵐山での優雅な琴演奏


京都市 右京区 嵯峨 小倉山




貞信公(ていしんこう、880〜949、生没年差 69 )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

藤原忠平(ただひら)。
関白 藤原基経(もとつね)の四男。
兄 時平(ときひら)の死により氏長者となって政権を握る。
藤原氏全盛の基を築いた。
貞信公は諡号(しごう・おくりな)。

百人一首の中には 貞信公の血統として
傍系の女性も含めると 20人います。

・貞信公 本人
26 貞信公 =藤原忠平(ただひら)

・貞信公の孫(2代下)
45 謙徳公 =藤原伊尹(これただ)
53 右大将道綱母 =藤原兼家(兼家は謙徳公と兄弟)の妻

・貞信公のひ孫(3代下)
50 藤原義孝 =謙徳公の子
51 藤原実方
52 藤原道信
54 儀同三司母 =藤原道隆(道隆は藤原兼家の子。&藤原道長と兄弟)の妻
55 大納言公任 =藤原公任




・貞信公の8代下の人
97 権中納言定家 =藤原定家

貞信公の血統の20人 ⇒ 家系図
貞信公(藤原忠平)の曾祖父(3代上)、藤原冬嗣 の血統で数えると
百人一首歌人は、紫式部、大弐三位 含め27人います。

藤原冬嗣は、藤原氏の氏祖 藤原鎌足 の5代下。



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。