百人一首を覚える なにしおはば 25.三条右大臣

■小倉百人一首 25番歌                                        百首一覧

名にしおはば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな   三条右大臣

・かな表示
なにしおはば あふさかやまの さねかづら ひとにしられで くるよしもがな
・読み
なにしおわば おうさかやまの さねかずら ひとにしられで くるよしもがな
・歌人名
さんじょうのうだいじん


■意味
「恋しい人に逢って共に夜を過ごす」
と言う意味を持つ
「逢坂山のさねかづら」。
その長いつるを手繰るように
誰にも知れず貴方を連れ出す方法はないものだろうか…。


■解説
名にしおはば … ○○と言う名前なのだから。
        ○○と言う意味を持つのだから。
さねかずら … マツブサ科の常緑つる性木本(つる草)。
        漢字では「実葛」と書く。
        ビナンカズラ(美男葛)ともいう。
        これは昔、
        このつるから粘液をとって整髪料に使ったため。
        この歌では、「さ寝(共寝)」との掛詞。
縁語    …「逢坂山」の「逢」 と 
       「さねかづら」の「さ寝(共寝)」
        が縁語にもなっている。


実際には相手をたぐり寄せることなど出来ないのだけれど、
「それほどにまで思っているんですよ」 と言う 恋の重苦しさを訴えている。

滋賀県 大津市 逢坂山



三条右大臣(さんじょうのうだいじん、873〜932、生没年差 59 )
 平安時代前期の人。_ 
 前期を 794〜930年 の 130余年間として。 (平安時代は 794〜1192年 の 約400年間)_

藤原定方(ふじわらのさだかた)。
和歌・管弦に優れる。
三条右大臣の呼び名は、京都三条に邸宅が在ったことによる。
27.中納言兼輔は、25.定方(三条右大臣)と従兄弟関係。
44.中納言朝忠は、25.定方(三条右大臣)の子。



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。