百人一首を覚える かささぎの 6.中納言家持

■小倉百人一首 6番歌                                        百首一覧

かささぎの渡せる橋におく霜の 白きを見れば夜ぞふけにける  中納言家持

・かな表示
かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
・読み (かな表示のまま)
・歌人名
ちゅうなごんやかもち


■意味
かささぎが翼をつらねて渡したという橋。
宮中の その御橋におりている霜が白いのを見ると、
もう夜もふけてしまったのだなぁ〜。


■解説
かささぎの渡せる橋 … 「かささぎ」はカラス科の鳥。
肩から胸はらにかけて白、尾は黒く長い。体長は40cmほど。
中国の七夕伝説では、翼をつらねて橋となり
天の川に掛かって織女を牽牛のもとへ渡すとされた。
ここでは宮中の階段をそれに見立てる。
 
この歌は、かささぎという鳥を見てイメージしたのではなく
中国の七夕伝説をイメージして詠んだ歌。

おく霜の白きを見れば … 霜が降りるのは深夜から未明にかけて。
            その白さが冬の厳しい寒さを感じさせる。
夜ぞふけにける    … 「けり」には、今初めて気がついたという感動がこもる。
            霜の白さを見て、
            夜がふけたことに気づいたことを表している。



中納言家持(ちゅうなごんやかもち、718〜785、生没年差 67 )
 奈良時代の人。 (奈良時代は 710〜794年 の 80余年間)_
大伴家持(おおとものやかもち)。
父は大伴旅人。
『万葉集』の編纂に関わったと言われている。
三十六歌仙のひとり。 (百人一首の歌番号順で4番目)

六歌仙 & 三十六歌仙 の整理  (図 クリックで、オリジナル資料 表示します)  

このブログ中の記事は ⇒ 百歌人 のなかの 六歌仙、三十六歌仙



■小倉百人一首が より一層 おもしろくなる ミニ知識

1.小倉百人一首の時代背景・歴史背景、 藤原家系&冷泉家について

2.小倉百人一首 百歌人の 氏・家 系統 分類、 血統つながり
 (概略:多い順並び)
01. 藤原   34人 (筆頭、18番 藤原敏行朝臣)
02. 源    13人 (筆頭、14番 川原左大臣)
03. 皇族   10人 (筆頭、01番 天智天皇)
04. 大江    6人 (筆頭、23番 大江千里)
05. 清原    3人 (筆頭、36番 清原深養父)

06. 小野    2人 (筆頭、09番 小野小町)
07. 良岑    2人 (筆頭、12番 僧正遍昭)
08. 在原    2人 (筆頭、16番 中納言行平)
09. 文屋    2人 (筆頭、22番 文屋康秀)
10. 壬生    2人 (筆頭、30番 壬生忠岑)
11. 紀     2人 (筆頭、33番 紀友則)
12. 平     2人 (筆頭、40番 平兼盛)
13. 大中臣   2人 (筆頭、49番 大中臣能宣)

14. その他  18人 (筆頭、03番 柿本人麻呂)


[その他]グループの歌人は、
「百人一首歌人の中には 同族系統の人 は居ない」 と思われる歌人です。
 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首を1日1首覚える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック