百人一首は歌織物 目次  (百人一首の配置図)


1 百人一首講習会に参加してきました

2 百人一首の中で、なぜこの歌が?と思う歌

3 百人一首は歌織物

4 百人一首の配置図

5 百人一首 配置図解析ことはじめ

6 歌織物説を上手に紹介している2サイトの紹介


■ ”歌織物”説をとなえている 林 直道 氏 略歴
1923年、大阪市に生まれる。
1946年、大阪商科大学を卒業。
大阪市立大学教授をへて 現在、
大阪市立大学名誉教授、
関西勤労者教育協会副会長、
経済学博士。


■百人一首の秘密
百人一首は、縦10首・横10首の方形のわくのなかに、
百首をある特殊な順序で配列することによって、
上下左右に隣り合うすべての歌どうしが
なんらかの共通語=合せ言葉によって全部ぴったり結ばれあうという、
まことに奇抜な構造をもっている。

歌織物=「言葉合せのジグソー・パズル」を解読し、
なぜ定家がかくまで辛苦を払って至難の歌織物をつくったのか、
定家をそこまで駈り立てた動機はなんだったのか、
定家の心情、内面の問題についても解明。81年刊の新装版。

■百人一首の世界
「百人一首は「歌織物」である」という仮説をもとに、
定家が百首歌の編纂にあたって
「用捨は心にあり」と書いたその「こころ」を探る。
「百人一首の秘密」の続編。86年刊の新装版。

posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首は 歌織物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。