百人一首 恋の歌

百人一首の中で恋心を歌った歌は43首です。
43首の男女の内訳は、男性が29首、女性が14首です。

百首全体で男女の内訳は、男性79首、女性21首です。
当時の女性の暮らしぶりがほんのすこし垣間見られるような気がします。


■恋心を歌った歌は百首全体の中で43首
03 あしひきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む  柿本人麻呂
13 筑波嶺のみねより落つるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる    陽成院  
14 みちのくのしのぶもぢずりたれ故に 乱れそめにしわれならなくに  川原左大臣
18 住の江の岸に寄る波よるさえや 夢の通い路人目よくらむ      藤原敏行朝臣
19 難波潟みじかき芦のふしの間も 逢はでこの世をすぐしてよとや   伊勢
20 わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢わむとぞ思ふ  元良親王
21 いま来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな   素性法師
25 名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな   三条右大臣
27 みかの原わきて流るるいづみ川 いつみきとてか恋しかるらむ    中納言兼輔
30 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし      壬生忠岑

38 わすらるる身をば思わず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな  右近
39 浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき     参議等
40 忍ぶれど色にいでにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで    平兼盛
41 恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人しれずこそ思ひそめしか   壬生忠見
42 契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山浪越さじとは      清原元輔
43 あひみてののちの心にくらぶれば 昔はものを思わざりけり     権中納言敦忠
44 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし  中納言朝忠
45 あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな  謙徳公
46 由良の門を渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋のみちかな     曾禰好忠
48 風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな   源重之

49 みかきもり衛士のたく火の夜はもえ 昼は消えつつものをこそ思へ  大中臣能宣
50 君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな     藤原義孝
51 かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを  藤原実方朝臣
52 明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな  藤原道信朝臣
53 なげきつつひとりぬる夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る 右大将道綱母
54 わすれじの行末まではかたければ 今日をかぎりの命ともがな    儀同三司母
56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな 和泉式部
58 有馬山猪名の笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする       大弐三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな 赤染衛門
63 今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな   左京大夫道雅

65 恨みわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそ惜しけれ   相模
72 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖の濡れもこそすれ     祐子内親王家紀伊
74 憂かりける人をはつせの山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを  源俊頼朝臣
77 瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ    崇徳院
80 長からむ心も知らず黒髪の みだれて今朝はものをこそ思へ     待賢門院堀河
82 思ひわびさても命はあるものを 憂きにたへぬは涙なりけり     道因法師
85 夜もすがらもの思ふころは明けやらで 閨のひまさへつれなかりけり 俊恵法師
86 なげけとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな      西行法師
88 難波江の芦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき  皇嘉門院別当
89 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ることの弱りもぞする    式子内親王

90 見せばやな雄島のあまの袖だにも 濡れにぞ濡れし色はかはらず   慇富門院大輔
92 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾くまもなし     二条院讃岐
97 来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ    権中納言定家



■男性歌人の 恋心の歌は29首  (百首の中で男性歌人の歌は79首)
03 あしひきの山鳥の尾のしだり尾の ながながし夜をひとりかも寝む  柿本人麻呂
13 筑波嶺のみねより落つるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる    陽成院  
14 みちのくのしのぶもぢずりたれ故に 乱れそめにしわれならなくに  川原左大臣
18 住の江の岸に寄る波よるさえや 夢の通い路人目よくらむ      藤原敏行朝臣
20 わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢わむとぞ思ふ  元良親王
21 いま来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな   素性法師
25 名にし負はば逢坂山のさねかづら 人に知られでくるよしもがな   三条右大臣
27 みかの原わきて流るるいづみ川 いつみきとてか恋しかるらむ    中納言兼輔
30 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし      壬生忠岑
39 浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき     参議等

40 忍ぶれど色にいでにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで    平兼盛
41 恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人しれずこそ思ひそめしか   壬生忠見
42 契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山浪越さじとは      清原元輔
43 あひみてののちの心にくらぶれば 昔はものを思わざりけり     権中納言敦忠
44 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし  中納言朝忠
45 あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな  謙徳公
46 由良の門を渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋のみちかな     曾禰好忠
48 風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな   源重之
49 みかきもり衛士のたく火の夜はもえ 昼は消えつつものをこそ思へ  大中臣能宣
50 君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな     藤原義孝

51 かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを  藤原実方朝臣
52 明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな  藤原道信朝臣
63 今はただ思ひ絶えなむとばかりを 人づてならでいふよしもがな   左京大夫道雅
74 憂かりける人をはつせの山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを  源俊頼朝臣
77 瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ    崇徳院
82 思ひわびさても命はあるものを 憂きにたへぬは涙なりけり     道因法師
85 夜もすがらもの思ふころは明けやらで 閨のひまさへつれなかりけり 俊恵法師
86 なげけとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな      西行法師
97 来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに 焼くや藻塩の身もこがれつつ    権中納言定家


■女性歌人の 恋心の歌は14首  (百首の中で女性歌人の歌は21首)
19 難波潟みじかき芦のふしの間も 逢はでこの世をすぐしてよとや   伊勢
38 わすらるる身をば思わず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな  右近
53 なげきつつひとりぬる夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る 右大将道綱母
54 わすれじの行末まではかたければ 今日をかぎりの命ともがな    儀同三司母
56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな 和泉式部
58 有馬山猪名の笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする       大弐三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな 赤染衛門
65 恨みわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそ惜しけれ   相模
72 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖の濡れもこそすれ     祐子内親王家紀伊
80 長からむ心も知らず黒髪の みだれて今朝はものをこそ思へ     待賢門院堀河

88 難波江の芦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき  皇嘉門院別当
89 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ることの弱りもぞする    式子内親王
90 見せばやな雄島のあまの袖だにも 濡れにぞ濡れし色はかはらず   慇富門院大輔
92 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾くまもなし     二条院讃岐
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110566770
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。