百人一首から月に親しむ 目次

小倉百人一首の歌、4首に登場する「有明の月」。
この「有明の月」への関心から発展して、月の理科的面白さを楽しんでみました。

「有明の月」とは明け方になってもまだ残っている月の総称だそうです。
以下、午前5時頃を「夜明け前の薄暗い時間帯」としています。 m(__)m
1 満月を3〜4日過ぎた、十八日月・十九日月あたりだと、
   午前5時頃、西の空の少し高目のところ(※)に見えます。
2 左半分が輝いている、左半月だと
   午前5時頃、真南より少し東よりの天頂近く(※)に見えます。
3 新月の3〜4日前の、二十六日月・二十七日月あたりだと、  (逆三日月的な月)
   午前5時頃、東の空の少し低目のところ(※)に見えます。
(※) 
月(Moon)の仰角は、一定ではなくその月(month)ごとに変化します。
ほぼ南中時の同じ形の月(Moon)を注意深く観察してみると、
天頂近くに見える月(month)もあれば、南天方向に見える月(month)もあります。
月の公転(地球に対する軌道傾斜角=5.14度)と地球の公転(地軸の傾斜角=23.4度)の相乗作用。
(その他) 
「有明の月=夜明け前に見える月」は、「満月〜新月の間の月」で、陰暦での下旬の月。
西よりに見える有明の月は、中旬を過ぎたあたり  右側が欠けた満月っぽい月。
南よりに見える有明の月は、下旬の中ほど 左半月じみた月。
東よりに見える有明の月は、下旬の後半  左三日月っぽい月。
上3行の「中旬・下旬」は「陰暦」でのものです。


1. 新月から新月まで29.5日ってどういうこと? (& 月が歌われている12首)

2. 月の自転周期は27.3日? 29.5日?

3. 陰暦の、小の月&大の月

4. メトン周期(月の面白い周期=19年)


ご参考) 
今日の月&月齢カレンダーが、
月探査情報ステーション 今日の月 で確認できます。
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首から月に親しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。