百人一首 月のある歌

「月」が詠われてるのは、12首あります。


07 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも       安倍仲麿
21 いま来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな    素性法師
23 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にはあらねど    大江千里
30 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし       壬生忠岑
31 朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪        坂上是則
36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ      清原深養父
57 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな  赤染衛門
68 心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな     三条院
79 秋風にたなびく雲の絶えまより もれ出づる月の影のさやけさ     左京大夫顕輔
81 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる      後徳大寺左大臣
86 なげけとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな       西行法師


(注) 30番 壬生忠岑 の歌には「月」という文字はないですが、
  「有明の〜」 の 「有明」 は 「有明の月」 を指しているとしました。


これを、「月」「有明の月」「夜半の月」、に分けると次のようになります。


■月 (6首)
07 天の原ふりさけ見れば春日なる 三笠の山に出でし月かも       安倍仲麿
23 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にはあらねど    大江千里
36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ      清原深養父
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな  赤染衛門
79 秋風にたなびく雲の絶えまより もれ出づる月の影のさやけさ     左京大夫顕輔
86 なげけとて月やはものを思はするかこち顔なるわが涙かな       西行法師

■有明の月 (4首)
21 いま来むと言ひしばかりに長月の 有明の月を待ちいでつるかな    素性法師
30 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし       壬生忠岑
31 朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪        坂上是則
81 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる      後徳大寺左大臣

■夜半の月 (2首)
57 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部
68 心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな     三条院




■参考メモ
・旧暦の月名
旧暦での12ヶ月は、
睦月、如月、弥生、卯月、皐月、水無月、
文月、葉月、長月、神無月、霜月、師走 。

・有明の月 について
有明の月…夜明けごろ見えている月です。見える方向は余り関係ありません。
下弦の半月(左半分が光っている月)は、午前6時に南中。
下弦の半月より以前(満月寄り)の月は、午前6時以前に南中。…@
下弦の半月より以後(新月寄り)の月は、午前6時以後に南中。…A

午前6時に夜が明けるとすると、
@は、西の空に見える有明の月。 (満月の南中は午前0時)
Aは、東の空に見える有明の月。 (新月の南中は正午)

月の南中時刻は、1日あたり約49分遅れます。月の出、月の入り、も同じです。
太陽はいつもまん丸で、日の出&日没に、月ほどの大きな時間の差はありません。
月は1日でおおよそ50分の違いがあります。そしてカタチも少し変化してます。
それが、月の面白いところで、百人一首にもたびたび登場するのだと思います。
JAXAの「月齢カレンダー」  ← 「今日の月」の画面から「月齢カレンダー」クリックで表示されます。

ですので、サザンが 「 LOVE AFFAIR 」 で歌っている
夜明けの街ですれ違った「月のかけら」は、
東の空に見える27日月くらいだろうと思われます。 (笑)
関連記事 ⇒ 後徳大寺左大臣と ♪LOVE AFFAIR


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。