百人一首 君がため×わが衣手

この2語がからむと少しややこしいです。
どうやら、歌の調子としては「優しい」とされる「15番 光孝天皇」の歌が
混乱を誘います。( 勝手に混乱してるだけですが… (・・;) )


「わが衣手」は、天智天皇(01番)と光孝天皇(15番)、の2首。
「君がため」は、光孝天皇(15番)と藤原義孝(50番)、の2首。

01 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ   天智天皇
15 君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪は降りつつ   光孝天皇
50 君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな   藤原義孝



わが衣手
「わが衣手」は、あとの「助詞」が 「は」 または 「に」で、
「露に濡れつつ」の天智天皇。(秋の歌)
「雪は降りつつ」の光孝天皇。(冬or初春の歌)
1番は、天智天皇で「秋の稲田での状況」を詠っています。
ですが私には、定家が、詠み人知らずの歌を天智天皇の歌としたのかなぁ〜
と思わせるような歌です。


君がため (光孝天皇と藤原義孝について)

・15番 光孝天皇(830〜887、生没年差 57 )は 58代天皇
54代 仁明天皇の第三皇子。
春の七草でも摘んでいたのでしょうか〜。
若菜を贈ることは相手の長寿を願う行為とされていたようです。
相手が女性か男性かはハッキリしてないようですが、優しさ漂う歌です。
『源氏物語』の光源氏のモデルとして、川原左大臣(14番)が有力ですが、
光孝天皇(15番)との説もあるようです。

・50番 藤原義隆(954〜974、生没年差 20 )は 45番 兼徳公の息子
光孝天皇の歌と同じく優しさを感じさせます。
義隆は仏道信仰に厚く、自ら殺生を禁じ、
魚や鳥の肉を一生食べなかったと伝えられ、
心優しい人柄だったといいます。
ただ、974年の秋に流行った痘瘡(天然痘)にかかり21才で早世しました。
26番、45番、50番歌人の関係 は、
26番 貞信公、45番 謙徳公(貞信公の孫)、50番 藤原義孝(貞信公のひ孫・謙徳公の子)。



■関連メモ
歴代天皇一覧
春の七草 ⇒ せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。