百人一首と ♪女ひとり

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


55 滝の音はたえて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞えけれ  大納言公任


■歌の意味
ここ大覚寺にあった滝の、水の音が聞こえなくなって随分長い年月がたってしまった。
しかし、その評判だけは、世の中に流れ伝わり、今も世に聞こえ知れわたっていますよ。


■女ひとり    デュークエイセス

歌詞


■マッチング背景
「女ひとり」。永六輔さん作詞です。
この歌詞3番、「耳を澄ませば滝の音 」。
これは、「55番 公任の歌」 のことです。


■京都 嵐山 大覚寺   by Google マップ
大覚寺庭園内に「名古曽瀧址の石碑」があります。
大覚寺庭園内の池は大沢池。その東 数百bの所にある大きな池が広沢池です。

 


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。