百人一首と ♪真夏の果実

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m


36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ  清原深養父


■歌の意味
夏の夜はとても短く、まだ宵の口だと思っていたら、すぐに夜が明けてしまう。
これではいったい、雲のどのあたりに、月は宿をとっているのだろうか〜。


■真夏の果実    サザンオールスターズ



■マッチング背景
私には 深養父この歌は
心寄せ合う二人が過ごす夜はあっという間に過ぎていくモノだなぁ〜
との雰囲気を感じます。
それで 「真夏の果実」とマッチングしています。


■関連メモ
清原姓は百人一首に二人登場します。
この、36番 清原深養父。そして、42番 清原元輔。

42番 清原元輔  契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山浪越さじとは

清原深養父は、清原元輔の祖父(おじいさん)。そして、
清原元輔は、清少納言の曾祖父(ひぃおじいさん)。

62番 清少納言  夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。