百人一首と ♪さそり座の女

百人一首のこの歌と、YouTubeの この曲・このビデオ が
私の世界ではイメージ的につながるんだけど〜 という シリーズ記事です。
あなたはいかがですか? こんなペアはいかが〜 という方はぜひ教えて下さい♪  m(__)m

62 夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ     清少納言

さそり座の女    美川憲一

歌詞


■余談
右近の歌と清少納言の歌、
私には「さそり座の女」にダブってしまいます。

紫式部は清少納言のことを紫式部日記で
「納言さんなんて、大したことないよ〜」とかなんとか書いていたそうで、
けっこうキツイ女性だったのではないかと私はひそかに想像してるのですが、
百人一首の中の紫式部の歌は、幼なじみにふと出会ったときの歌のようです。

いずれにしましても、男女を問わず出来る人(もてる人とも…)は、
なにげない所作でも、凡人にはきつく映るものなのかも知れません。(笑)


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube マッチング遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック