もみじ (紅葉、もみぢ)

「もみじ」が歌われているのは、次の6首です。


05 奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声きくときぞ秋はかなしき      猿丸太夫
17 ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは    在原業平朝臣
24 このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦 神のまにまに      菅家
26 小倉山峰のもみぢ葉こころあらば 今ひとたびのみゆき待たなむ   貞信公
32 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり     春道列樹
69 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 龍田の川の錦なりけり        能因法師


もみぢ、紅葉、そのもので歌われているのが5首。
歌そのものが、紅葉のことを歌っているのが1首。(17.ちはやぶる)

百人一首は、恋心を歌っている歌が43首と多いですが、
自然を歌っている歌も多いです。
そのなかで四季を歌っている歌が32首ほど。  関連記事 ⇒ 百首の分類

このうちの半分、16首ほどが秋の歌。
ですので、秋の歌の内の、1/3ほどが、
紅葉が歌われている歌と言うことになります。
 

■美しい日本シリーズ 紅葉の京都・嵐山での優雅な琴演奏



■京都 嵐山近辺   by Google マップ 



■三室山&竜田川 近辺   by Google マップ


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。奈良県に住んでいる者です。

さっそくですが、この百人一首に詠まれている竜田川は現在の『大和川』なんですね。

でわ、現在の竜田川は生駒を流れている時は『生駒川』。平群を流れている時は『平群川』と呼ばれていました。

地名って残るのもあれば、変わるものもあり難しいです。

そして、現在の三室山は宅地開発が進み『もみじ』は少ないですね。

しかし、もうすぐですが、春になると桜が咲いて、花見でにぎわう隠れた名所になっています。
Posted by 本因 at 2014年03月27日 05:32
本因様、面白いコメ有難うございます。3週間遅れのレスと成りました。竜田川には近い内に行ってみようと思ってるんです。でもやはりこの春&夏では無く、折角ですので半年後の秋に行きたいですね。在原業平さんの「ちはやぶる」は業平さんが実際に竜田川に赴いたが故に詠んだ歌では無いらしいのですよね。皇后さんかどなたかが、そのお住まいの部屋に立ててある屏風絵を見せて、「歌を詠め」と言われ、業平が詠んだ歌だそうです。そのあたりのお話しが、私の参加した「食事会」の録音YouTubeで語られています。⇒ 『第6回懇話と食楽の会〜百人一首に思う 在原業平と伊勢物語〜 』・https://www.youtube.com/watch?v=-n1-wjraDXw
Posted by 百人一首散策人 at 2014年04月13日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109116872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。