歌の意味解釈 71〜75番

71 夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く     大納言経信
72 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖の濡れもこそすれ    祐子内親王家紀伊
73 高砂の尾上の桜咲きにけり 外山の霞立たずもあらなむ      前中納言匡房
74 憂かりける人をはつせの山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを 源俊頼朝臣
75 契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり    藤原基俊



■71 大納言経信(だいなごんつねのぶ、1016〜1097)
源経信。和歌・詩文・管弦にすぐれ、数々の歌合に出席。歌合での判者も努めた。
任地の太宰府で没する。

夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く

夕方になると、家の前にある田んぼの稲の葉に 秋風が吹き さやさやと音を立てる。
その秋風は、私が居る この葦葺きの田舎家(山荘)にも吹きわたっています。 あぁ〜心地良い〜

〜ば、〜て、〜に、〜吹く。接続の言葉が自然に続いているので、歌の調子がとても滑らか。
秋の寂しさと言うよりも、清らかで涼やかな秋をイメージさせる。
京都郊外の別荘で貴族が集まり、 '田園の家の秋風' の題で歌を詠み合った時のもの。



■72 祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい、11世紀後半)
平安後期の女流歌人。生没年不詳。
祐子内親王(後朱雀天皇皇女)に仕えた。『堀河百首』の歌人の一人。

音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖の濡れもこそすれ

あの有名な 高師の浜の いたずらに立つ波には かからないようにしますわね。
だって、袖が濡れると大変ですもの。
そうそう、噂に高い貴方の言葉に 騙されませんわよ。あとで、袖が涙で濡れるの厭ですもん〜。

70才を過ぎた作者(女性)が、20代の男性の歌に応えたもの。
どれだけ素敵な恋の歌が詠めるかを競う「艶書合」(エンショアワセ)の場で作られた。
20代の男性がおくった歌の内容は次のようなもの。
「私は人知れず貴方に思いを寄せています。
 荒磯の浦風とともに 波が寄るように、夜になったら貴方とお話ししたいのですが…」



■73 前中納言匡房(さきのちゅうなごんまさふさ、1041〜1111)
大江匡房。大江匡衡(マサヒラ)・赤染衛門(59番)夫婦の曾孫。
博学で、白川院に重用された。数多くの著書を残す。

高砂の尾上の桜咲きにけり 外山の霞立たずもあらなむ

遠くの山の 峰の桜が咲いた。
お願い、人里近い山の霞、どうか立たないでおくれ。  あの綺麗な桜が見えなく成るよぉ〜

桜と霞。春の代表的な風景を対照させた、幻想的で美しい歌。
歌会で、「遠くの山の桜を眺める」という 'お題' で歌を詠み合った時の作。
当時は、この歌のように、細かい題をつけて、風流な心と歌のワザを競った。



■74 源俊頼朝臣(みなもとのとしよりあそん、1055?〜1129?)
大納言経信(71番)の三男。堀河天皇近習の楽人。
官位は高くないが、白川院の命で『金葉集』を選す。

憂かりける人をはつせの山おろしよ はげしかれとは祈らぬものを

心冷たいあの人が、私に心を向けてくれるようにと、私は観音様に祈ったんだ〜
あぁ〜なのに、初瀬の山の山颪(やまおろし)よ、
あの人の心がお前のように、いっそう激しく冷たくなれとは、祈らなかったんだけどぉ〜…

折角、恋の成就を観音様に祈ったのに、
相手の気持ちは一向に自分に向かないどころか、さらに冷たくなったんでしょうか〜
こういう場合は、つらいですねぇ〜。
さっさと諦めて、次の相手の物色にかかるのが一番なんですが…、
人の心、なかなかそうはたやすく変えられないものです。
心も物と同じく、『慣性の法則』が働いてますから〜。 ぷぷっ。
この歌は、私にそんなこんなを、想像遊びさせてくれる…。



■75 藤原基俊(ふじわらのもととし、1060〜1142)
右大臣藤原俊家(トシイエ)の子。
博学だが官位には恵まれなかった。晩年に出家した。

契りおきしさせもが露を命にて あはれ今年の秋もいぬめり

「俺に任せなさ〜いっ」って貴方が言ったから、
私は、その恵の露のような言葉を、命とも頼っていました。
あぁ〜なのに…。今年の秋も空しく過ぎていくのですね…。 (貴方は言葉だけの人?)

基俊の息子は僧侶。
興福寺で行われる法会(ほうえ)の講師に選ばれたいのに なかなか選ばれない。
基俊は、関白忠通 (←藤原忠通=76番 法性寺さん) に、息子が講師に選ばれるよう頼み事をした。
忠通は「させも草」を詠んだ歌(※)を用いて「私にまかせなさい」と基俊に伝えた。
しかし、今回も選ばれなかった。それを恨んだ歌。
※…なほ頼め しめぢが原の させも草 わが世の中に あらむ限りは
意味:私を頼りにし続けなさい。
例え貴方がしめじが原のさせも草(よもぎの葉)のように胸を焦がして思い悩むことがあっても。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首 意味・解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。