歌の意味解釈 46〜50番

46 由良のとを渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋のみちかな    曾禰好忠
47 八重むぐらしげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり  恵慶法師
48 風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな  源重之
49 みかきもり衛士のたく火の夜はもえ 昼は消えつつものをこそ思へ 大中臣能宣朝臣
50 君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな    藤原義孝




■46 曾禰好忠(そねのよしただ、10世紀後半)
丹後の国の役人。逸話の多い歌人。曾丹後とか曾丹と呼ばれる。

由良のとを渡る舟人かぢを絶え 行方も知らぬ恋のみちかな

由良の瀬戸を漕ぎ渡って行く舟人が かじを失い 行く先も分からず漂うように、
私の恋の行方も ひどく たよりないものだなぁ〜

由良のと…丹後の国、現在の京都府宮津市の由良川の河口。
かぢ…櫓(ろ)や櫂(かい)などの操船に用いる道具の総称。舵(かじ)ではない。



■47 恵慶法師(えぎょうほうし、10世紀後半)
播磨の国(兵庫県)の講師(国分寺の僧侶)? 当時の一流歌人と親交があった。

八重むぐらしげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり

幾重にも つる草が生い茂った邸。
今では だれ一人訪ねて来ることもない そんな寂しい邸にも、
秋だけは忘れずにやって来るのだなぁ〜。

八重…幾重にも。 葎(むぐら)…つる性の雑草の総称。
八重むぐら…邸宅の荒廃振りを描写する場合に象徴的に用いられる。



■48 源重之(みなもとのしげゆき、?〜1000)
清和天皇の曾孫。 地方の役人を歴任し、旅を好んだ。陸奥で没。

風をいたみ岩うつ波のおのれのみ くだけてものを思ふころかな

風が激しくて 岩に波が打ちあたり 自分一人で砕け散っていくように
私だけが 心も砕けるばかりに 貴方を思う このごろです

風をいたみ…風が激しいので。 
 今の言葉での「いたく感動しました〜」の「いた」グループでしょう〜。
」の繰り返し…「いた」 「な」 「おのれの」。
この繰り返しが印象的で、
岩にあたって砕ける波の 力強さをイメージさせ、歌に迫力が生まれている。



■49 大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶあそん、921〜991)
神官の家柄。神事を司る。

みかきもり衛士のたく火の夜はもえ 昼は消えつつものをこそ思へ

御垣守である衛士 の焚くかがり火が 夜 燃えては 昼 消えているように、
私も 夜は情熱の炎が燃え 昼はわが身も消えたようになります。
そんなこんなで 苦しい恋の物思いに悩むばかりですわぁ〜

御垣守…宮中の門を守る兵士。 
衛士(えじ)のたく火の…「衛士」は諸国から交替で集められる兵士。
夜はかがり火を焚いて宮中の諸門を守ることを職務の一つとしていた。



■50 藤原義孝(ふじわらのよしたか、954〜974)
兼徳公(45番)の子。やまい(天然痘)のため、21才の若さで死去。

君がため惜しからざりし命さへ 長くもがなと思ひけるかな

貴方と逢うためになら たとえ捨てても惜しくはないと思っていた この命。
逢瀬を遂げた今となっては、少しでも長く生きたいと思うようになりました。

後朝(あとざね)の歌…恋人と逢って帰った翌朝、恋人に贈る歌。
作者が21才の若さで病没したと知って、この歌を味わうと、一層深みが増します。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首 意味・解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。