歌の意味解釈 41〜45番

41 恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人しれずこそ思ひそめしか   壬生忠見
42 契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山浪越さじとは      清原元輔
43 あひみてののちの心にくらぶれば 昔はものを思わざりけり     権中納言敦忠
44 逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし  中納言朝忠
45 あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな  謙徳公




■41 壬生忠見(みぶのただみ、10世紀半ば)
任生忠岑(30番)の子。

恋すてふわが名はまだき立ちにけり 人しれずこそ思ひそめしか

私が恋をしているという評判が、早くも立ってしまったよ〜。
人に知られないように、秘かにあの人を思い始めたというのに…。

まだき…早くも。
この歌は、「天徳内裏歌合」の「忍ぶ恋」の題で、
平兼盛の歌(40番)と優劣を競い、負けた歌。
技巧的な兼盛の歌に対して、忠見の歌は素直に自分の思いをかみしめているよう。



■42 清原元輔(きよはらのもとすけ、908〜990)
平安時代中期の代表的歌人。
清原深養父(36番)の孫。清少納言(62番)の父。

契りきなかたみに袖をしぼりつつ 末の松山浪越さじとは

約束したよね…、
二人して、涙で濡らした袖をしぼっては、「末の松山」を波が越さないのと同じように、
いつまでも お互いを思う気持ちが変わらないことを。

末の松山…宮城県多賀城市にある地名。
どんな大きな波でも、末の松山を越すことがないことから、次のたとえとなる。
そこを「波」が越さないとは、二人の間に心変わりがないこと。
そこを「波」が越すのは、二人の間に心変わりや浮気が生じたこと。

・宮城県多賀城市八幡 末の松山

大きな地図で見る 



■43 権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ、906〜943)
藤原敦忠。左大臣時平(トキヒラ)の三男。琵琶の名手として知られた。
三十六歌仙の一人。38才で早世し、藤原道真の怨霊の仕業とされた。

あひみてののちの心にくらぶれば 昔はものを思わざりけり

貴方と逢って、共に一夜を過ごした後の この募る思いにくらべたら、
逢うまでの切ない気持ちなど、取るに足らないモノだったのだなぁ〜。

古典文学で「逢い見る」というのは、
ただ道でばったり会うとか、友達同士が約束をして落ち合う、と言うことではない。
好意を持つ男女が共に一夜を過ごすことで、たいていは男性が女性の家を訪ねた。
貴族の女性は親兄弟以外に直接姿を見せることは殆ど無かったので、
恋は、人の噂や 女性を物の隙間からこっそり覗き見る「垣間見」など、から始まった。
そこで思いを募らせ手紙の遣り取りをして、実際に「逢う」。
でもこれは、考えてみれば、当然と言えば当然なおですが、
今の出会いサイトでやっていることと基本的には何も変わっていない。
違うのは、「時間の感覚」と「情緒のあるなし」?



■44 中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ、910〜966)
左大臣藤原定方(サダカタ)の子。
三十六歌仙の一人。笙の名人。三代の天皇に仕え、信任が厚かった。

逢ふことの絶えてしなくはなかなかに 人をも身をも恨みざらまし

もし、逢うことが絶対にないのならば、
かえって、あの人のつれなさも、わが身の切なさも恨むこともなく、
心安らかだろうに…。

なかなかに…かえって。むしろ。
なまじ逢うから、返って、あれこれ思い悩んでしまうと言う、切ない恋の歌。
しかし、気が通えば会いたくなってしまうのが、恋に落ちた人のサガですなぁ〜。(笑)



■45 謙徳公(けんとくこう、924〜972)
藤原伊尹(これただ)。 貞信公(26番)の孫。 ⇒ 系図を確認
和歌所(わかどころ)の 別当 として 梨壺の五人 を主宰。
兼徳公はし諡号(しごう・おくりな)。

あはれともいふべき人は思ほえで 身のいたづらになりぬべきかな

貴方につれなくされ今となっては、
私のことを可哀想だと悲しんでくれそうな人が思い浮かびません。
きっと私は、一人恋い焦がれて、むなしく死んでいくのにちがいない〜。

あはれ…気の毒。かわいそう。  
思ほえで…思われないから
いたづらになる…むなしくなる ⇒ 死ぬこと。
今、この歌のような気持ちを、別れかけの相手の女性にメール送信したら、
まず十中八九「だから、アンタが嫌いになったのよ〜」って思われる凄い未練がましい歌。
しかし、実際の伊尹は、才色兼備の風流貴公子として知られ、
贅沢三昧 優雅華麗な生活を送った。  
この歌は、伊尹の余裕というか、心のお遊び?
所で、わたくし事ですが…、兼徳公という名前から、
ついつい、この歌を暗誦するたびに、思っていたものです。
「県のしごとは、得な工事だなぁ〜」 
???
失礼いたしました。~(=^‥^A アセアセ・・・ 
45番 謙徳公は、「小倉山〜」の 26番 貞信公のお孫さん です。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首 意味・解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。