歌の意味解釈 36〜40番

36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ     清原深養父
37 しらつゆに風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける   文屋朝康
38 わすらるる身をば思わず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな  右近
39 浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき     参議等
40 忍ぶれど色にいでにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで    平兼盛




■36 清原深養父(きよはらのふかやぶ、9世紀末〜10世紀前半)
清原元輔(41番)の父。清少納言(62番)の曾祖父。
琴の名手だったという。中古三十六歌仙のひとり。

夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ

夏の夜はとても短く、まだ宵の口だと思っていたら、すぐに夜が明けてしまう。
これではいったい、雲のどのあたりに、月は宿をとっているのだろうか〜。

夏の夜は短く、秋の夜は長い。
ひと晩中、照明が明るい現代では、そんな実感は薄い。
しかしこの歌は、夜の灯が少なく、人々が静かに月と対話していた頃を彷彿とさせます。
「宵だと思っていたのに、すぐに夜明けになった」と言うのは大袈裟だけど、
いにしえの歌人は、その誇張を楽しみました。
電気のない昔。夜の、月の光・月の形は、かなり人々の情緒を呼び起こしたのでしょう。



■37 文屋朝康(ぶんやのあさやす、9世紀後半〜10世紀初頭)
文屋康秀(22番)の子。
詳しい経歴は不明。官位には恵まれなかったよう。

しらつゆに風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける

草の葉についた美しい白露に、しきりと風が吹きすさぶ秋の野…。
その白露が 吹きすさぶ風で散っていくさまは、
まるで糸をはずした玉飾りの真珠を、この秋の野に散りばめたようだぁ〜。

「白露」は涙のたとえや、はかないものの象徴として、万葉の時代から よく用いられた歌語。
「露」はまた、しばしば「玉」に見立てられ、「白玉」と言えば「真珠」のことを言った。



■38 右近(うこん、10世紀前半の人)
右近の通称は、父の官位による。
父は、右近少将藤原季縄(ウコンノショウショウフジワラノスエナワ)。
60 醍醐天皇(在位、897〜930)の皇后 穏子(オンシ)に仕え、村上朝の歌壇で活躍する。
村上朝…62 村上天皇(在位、946〜967)

わすらるる身をば思わず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな

貴方に忘れられる私の、この身が、どうなろうとも気にしません。
それよりも、神に誓った「私との愛」を、貴方が破ったことで、
貴方に神罰が下り、貴方の命が失われるとしたら、それが残念なのですよ…。

誓ひてし…貴方が、いつまでも私を愛すると神に誓った。
人のいのちも…ここの「人」は、恋の相手のこと。
自分のことはどうでもいいと、つつましく歌い始めながら、
貴方への神の怒りが心配だと、受け取りようでは、怖い下の句。
裏切った相手への一途な愛と読むかか、
皮肉と読むか、読み手の気持ち次第なのがおもしろいです。



■39 参議等(さんぎのひとし、880〜951)
源等(みなもとのひとし)。52 嵯峨天皇(在位、809〜823)の曾孫。
丹波や山城など地方官を歴任した。

浅茅生の小野の篠原しのぶれど あまりてなどか人の恋しき

人知れず浅茅が生えている 名もなく目立ちもしない野原 ではないですが、
貴方を思うこの気持ち、忍びに忍んでも、忍びきれません。
どうしてこんなにも、貴方のことが恋しくてたまらないのでしょうか〜…。

浅茅生の…浅茅(丈の低い茅)が生えている所。「小野」の枕詞。
茅(ちがや)はアップのの2画像参照。
小野の篠原…「小」は調子を整えるための接頭語。「篠原」は、細い竹の生えている原。
なので、第1句&2句で、
「名もない細い竹や草が目立ちもせず生えている野原」と言ったような感じ?
この「第1句&2句」が「第3句」の「しのぶれど」に掛かる。
あまりて…(忍ぶに)あまりて。忍びきれなくて。
などか…どうして〜か。



■40 平兼盛(たいらのかねもり、?〜990)
58 光孝天皇(在位、884〜887。15番)の玄孫(やしゃご)。
三十六歌仙のひとり。『後撰集』の時代の代表的歌人。
『袋草紙』には赤染衛門の父とあるけれど真偽は不明。
高祖〜玄孫 の九親族 ⇒ 高祖、曽祖、祖父、父、【自分】、子、孫、曽孫、玄孫。

忍ぶれど色にいでにけりわが恋は ものや思ふと人の問ふまで

誰にも知られまいと心に決め、耐え忍んできたのに、
とうとうこらえきれず、顔色や表情に出てしまっていたのか〜。私の恋心は
恋の物思いをしているのですかと、人が問うほどにまでになって。

ものや思ふ…「もの思ふ」は、恋の物思いをする意味。「や」は疑問の係助詞。
39番の源等の次に、40番でこの平兼盛を登場させている。テーマはどちらも「忍ぶ恋」。
源平歌合戦を意図したかのような配列。
そして、このアトには、後世に語り継がれる歌合の名勝負で、
兼盛と相対した、41番の壬生忠見と続く。
百人一首の並べ方には定家は、かなり色々な趣向を凝らしている。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首 意味・解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。