歌の意味解釈 31〜35番

31 朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪    坂上是則
32 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり  春道列樹
33 久方の光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ   紀友則
34 たれをかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに    藤原興風
35 人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける   紀貫之




■31 坂上是則(さかのうえのこれのり、9世紀末〜10世紀前半)
三十六歌仙の一人。和歌に秀でる。&蹴鞠の名手。
坂上田村麻呂の子孫。坂上田村麻呂…平安時代初期に 蝦夷(えぞ) を平定した。

朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪

ほのぼのと夜が明ける頃、明け方の月が照らしているのかと、見間違えるほどに、
吉野の里に白く降り積もっている雪よ〜

奈良県の吉野は、古くから、雪と桜の名所。
一晩で深く降り積もり、作者を驚かせたのでしょうか。
それにしても、こうして意味を振り返ってみると、
自然を擬人化している表現に興味がそそられます。
例えば、この歌の場合、「雪よ〜」と雪に魂があるかのように、その美しさを愛でている。
これが、日本人の感性なんだろうと私は思ってま〜す。( ⇒ 八百万の神)



■32 春道列樹(はるみちのつらき、?〜920)
詳しい経歴は不詳。壱岐守に任命されたが、赴任する前に没したという。

山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり

山あいを流れる川に風が作った「しがらみ」は、よく見ると…
流れることが出来ないで、貯まっている、紅葉の葉っぱであったよ〜

しがらみ…川に杭を並べて打ち、そこに木の枝などを結び付けて流れをせき止めたもの。
似てるけど違う語句 ⇒ 網代木(64番 藤原定頼の歌)
春道列樹が志賀の山を越えようとするときに、この風景に出会い詠んだ歌。
29番の「白菊」、30番の「月」、31番の「白雪」、32番の「紅葉」、33番の「桜」。
一コマずつ鮮やかな映像が切り替わるように、歌の世界が展開する。



■33 紀友則(きのとものり、?〜905?)
紀貫之(35番)の従兄弟。
『古今集』の選者の一人。しかし、『古今集』の完成前に没す。

久方の光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ

日の光がこんなにものどかな春の日に、
そうして桜の花だけが落ち着いた気持ちもなく、慌ただしく散ってしまうのだろうか〜。

ひさかたの…天・空・光などにかかる枕詞。
のどけき…穏やかで、ゆったりとしているさま。
しづ心…静かな心。落ち着いた気持ち。
「花と日本の心」の原点の名歌。
爛漫の春を味わい楽しむと同時に、はらはらと音もなく散る花の運命に感じるはかなさ。
日本人の誰もが持つ心の動きを美しい調べで詠んだ歌。



■34 藤原興風(ふじわらのおきかぜ、9世紀後半〜10世紀初頭)
三十六歌仙の一人。
藤原浜成(ハマナリ)の曾孫。藤原浜成…日本最古の歌学書『歌経標式』を記した人。
管弦の才に秀で、笛や琵琶は天才的な腕前。琴の師匠としても名を知られていた。

たれをかも知る人にせむ高砂の 松も昔の友ならなくに

年老いた私は、今はもう誰を友にしたらよいのだろうか…。
相手にできそうなものと言えば、長生きで知られる高砂の松ぐらいなものだ〜。
でも、その高砂の松でさえ、昔からの友ではないのだなぁ〜。
(あぁ〜、心開いて語りかけられないよ〜…)

「誰をかも〜せむ」…誰を〜したらいいのだろうか。
高砂…兵庫県高砂市。
高砂神社には、赤松と黒松が合体した「相生の松」(アイオイノマツ)がある。
菊の花について:
桜や梅と並んで菊も、日本を代表する花。
着物や様々な道具類の文様にも沢山使われている。
また、菊の花にたまった露を飲んだり、露で湿らせた綿で顔を拭うと、
不老長寿が得られるとも考えられていた。
しかし菊は、奈良時代に中国から渡来した植物で、『万葉集』に菊の花は登場しない。



■35 紀貫之(きのつらゆき、866?〜945)
三十六歌仙の一人。当代一の歌人で、『古今集』の代表的選者。
紀友則(33番)の従兄弟。土佐守に任ぜられて『土佐日記』を著した。

人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける

貴方は、さあ〜、心変わりしておられるかどうか、私には分かりませ〜ん。
でも、昔なじみのこの里では梅の花が、
昔と変わらずに、よい香りを漂わせて咲いてますねぇ〜。 (う〜ん…、トゥレビァ〜ン)

人…一般の人ではなく、ここでは特定の人をさす。  
いさ…さあ〜どうだか〜
この歌の背景:
貫之には初瀬(奈良県櫻井市)の長谷寺へお詣りするたびに泊まる家があった。
昔馴染みの女の家。暫く振りにその家を訪れたところ、女は
「あらっ、お久しぶり〜。
 お宿はこの通り、昔のままですのに、貴方はちっとも寄って下さらない。
 私の事なんかもう忘れてしまったのでしょうねっ。」
と、おかんむりの様子。
そこで、その辺りに咲いていた梅の花を折って、この歌を詠んだ。
実際には、この家の主が男か女か明らかではない。
しかし、昔馴染みの女とした方が面白い。
平安時代には、初瀬詣 が盛んで、貫之も盛んにお詣りしたらしい。
久しく足が遠のいて居た女の事を思い出し、寄ってみたら、
拗ねて嫌味を言われたので、それを逆手にとって歌で返した、と考えると面白い。
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首 意味・解釈 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。