百首は日本の歴史のどの範囲?

・百人一首 百歌人の生没年分布一覧  (画面クリックで正規サイズ画面表示されます)

・飛鳥時代 03人 ⇒ 1.天智天皇、 2.持統天皇、 3.柿本人麻呂
・奈良時代 04人 ⇒ 4.山部赤人、 5.猿丸太夫、 6.大伴家持、  7.阿倍仲麻呂
・平安前期 32人 ⇒ 08番 喜撰法師〜39番 参議等
・平安中期 29人 ⇒ 40番 平兼盛〜65番 相模 & 68番 三条院〜70番 良暹法師
・平安後期 24人 ⇒ 66番 大僧正行尊、67番 周防内侍 & 71大納言経信 〜92番 二条院讃岐
・鎌倉前期 08人 ⇒ 93番 鎌倉右大臣〜100番 順徳院  

小倉百人一首の百首の歌番号は、
1番 天智天皇(626〜671、差45)から 100番 順徳院(1197〜1242、差45)まで、
約600年間の歌人の歌が、おおむね歌人の年代順に付番されています。


なぜ天智天皇の歌が1番なのか?
自分への この問いにふと、こうではないかと思ったことがあります。
それの伏線が、
「百人一首の百人の歌人は 日本の歴史の上で どの範囲の人々なのか調べてみよう」
と思ったことでした。
それで、上のような 百人一首 百歌人の 生没年一覧分布図 を作りました。

次に、日本の歴史全体はどういう流れになっているのだろうと、
区分表を作成し、西暦の紀元から現在までを人の身長に当てはめてみました。
  

百人一首の歌人の生きた時代は、
2.古代の「飛鳥時代」 (飛鳥時代の660年ころ) 〜
  同じく 「奈良時代」
  同じく 「平安時代」、そして
3.中世の「鎌倉時代」 (鎌倉時代の1240年ころまで) 。

飛鳥、奈良、平安、鎌倉、
と四つの時代に渡っています。
上下逆になりますが、上右図のイメージからすると百人一首の百歌人の時期は
モモの中程辺りからおなかの辺りです。


1番歌の 38代 天智天皇 の在位期間は 661〜671、10年間。 
(天智天皇は在位中に没[崩御])
百人一首の編者 藤原定家 の生没年は 1162〜1241、差79年 です。
&、
飛鳥時代の始まりは 6世紀末(580〜590 頃?)、
鎌倉時代の終わりは 1333年。


1番が38代天皇の天智天皇
秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ

100番が84代天皇の順徳院(順徳天皇)
ももしきや古き軒端のしのぶにも なほあまりある昔なりけり

先頭と最後はそれぞれ天皇の歌 (★) ですが、
百人の歌人がまたがる4時代を、代表的な歌人で覚えると
私の場合次のようになります。

飛鳥時代 ⇒ 持統天皇 〜衣ほすてふ天の香具山  (香具山はいかにも飛鳥を彷彿とさせます)
奈良時代 ⇒ 阿倍仲麻呂(遣唐使) 天の原ふりさけ見れば〜  (奈良時代は遣唐使の時代でした)
平安時代 ⇒ 紫式部 めぐりあひて〜 女流文学の原点的物語『源氏物語』(1008年)紫式部著。
鎌倉時代 ⇒ 鎌倉右大臣 世の中は〜 (源頼朝[=鎌倉武将の元祖的人物] の三男)


(★) 補足 
@第1首&第2首は、天皇親子。
A第99首&第100首も、天皇親子。

@は、父親 38代 天智天皇、娘 41代 持統天皇
Aは、父親 82代 後鳥羽天皇、息子 84代 順徳天皇


天香具山 (最寄りJR駅 奈良県 桜井線 香久山駅 by Googlemap)
奈良県橿原市にある丘陵。
畝傍山(うねびやま)、耳成山(みみなしやま)とともに大和三山と呼ばれる。



この記事 冒頭の 「なぜ天智天皇の歌が1番なのか?」
この自問への私なりの答は、次の記事に書きました。
1番歌は聖徳太子でも良かったんじゃない?



百人一首の期間(飛鳥時代〜鎌倉時代、600年代後半〜1200年代前半)を
NHK高校講座日本史の第4〜11回で概観してみると、面白いです。

この講座の中でも百人一首の歌人のことなど、けっこう登場します。
歴史とダブらせて百人一首の歌人をイメージするのに、そして
百人一首の期間を歴史を背景にイメージするのに、役立ちました。

2009年NHK高校講座日本史 (飛鳥、奈良、平安、鎌倉。600年代後半〜1200年代前半)
 回 放送日  時代  タイトル
  4  5/12  飛鳥時代 東アジア世界の動乱と古代日本
  5  5/19  奈良時代 奈良時代の都と地方
  6  5/26  平安前期 平安京の時代
  7  6/02  平安中期 摂関政治の展開と藤原氏
  8  6/09  平安中期 武士の登場
  9  6/16  平安後期 院政
 10  6/23  平安後期 鎌倉幕府の成立
 11  6/30  鎌倉前期 承久の乱と執権政治
 12  7/07  鎌倉後期 モンゴル襲来
 13  7/14  室町時代 南北朝の内乱


(参考) 
■ 歴代天皇簡易一覧 (初代 神武天皇 から 125代 今上天皇 まで)
■ wikipedia の 日本史の出来事一覧
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉百人一首の 時代・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。