百首暗記一方法 51〜60番

51番 藤原実方朝臣から 60番 小式部内侍まで

51 かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを   藤原実方朝臣
52 明けぬれば暮るるものとは知りながら なほ恨めしき朝ぼらけかな   藤原道信朝臣
53 なげきつつひとりぬる夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る  右大将道綱母
54 わすれじの行末まではかたければ 今日をかぎりの命ともがな     儀同三司母
55 滝の音はたえて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞えけれ     大納言公任

56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな  和泉式部
57 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部
58 ありま山ゐなの笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする       大弐三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな  赤染衛門
60 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立        小式部内侍



私の場合、百人一首の百首を次のようにして覚えました。
     
図1                          図2
図1 まず、近くのJR駅を 適当な区間で 連続10駅 決めます。
図2 そして、それぞれの駅に十首(十人)ずつ配置します。
   実際の場所に、歌や作者を思い出しやすいようなイラストを描いて覚えます。
   図2 は、51番 藤原実方朝臣 〜 60番 小式部内侍 の場合です。  (JR 須磨駅)
   これは、かなり無精してます。
   苦手なグループのため、終わり頃に回した20〜30首の組です。
   イラスト抜きで、位置との連結だけです。 (;^_^A アセアセ・・・

私はウマくないですが、イラストのウマい方なら 楽しく覚えられると思います。
イラストがウマくなくても、実際の場所と 歌・作者をリンク(連結)させればOK。
方向や交通機関が苦手な方は、JRや鉄道でなくてもいいんです。
同じ様な覚え方ができるならナンでもOK。  (基数イメージ連結法)

暗記のしかた、記憶のしかた、覚え方、は人それぞれです。
覚えようとする対象がアタマに残ればいいわけですので。
ただ、楽しく覚えると 覚えやすく忘れにくいようです。
きっと子供のアタマは、理屈抜きに 全てをイメージで
自分の関心のあることを無心で 楽しく覚えているのだと思います。
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百首 暗記方法・覚え方 例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107976984
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。