皇族の歌

天皇の歌は、8首です。 皇族は、2首です。(親王×1、内親王×1)


■天皇の歌 (8首)
01  秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ     天智天皇 (親)
02  春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山        持統天皇 (娘)

13  筑波嶺のみねより落つるみなの川 恋ぞつもりて淵となりぬる    陽成院
15  君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪は降りつつ     光孝天皇
68  心にもあらでうき世にながらへば 恋しかるべき夜半の月かな    三条院
77  瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われても末にあはむとぞ思ふ    崇徳院

99  人もをし人もうらめしあぢきなく 世を思ふゆゑに物思ふ身は    後鳥羽院 (親)
100 ももしきや古き軒端のしのぶにも なほあまりある昔なりけり    順徳院  (息子)

■皇族の歌 (2首)
20  わびぬれば今はたおなじ難波なる みをつくしても逢わむとぞ思ふ  元良親王
89  玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ることの弱りもぞする    式子内親王


天皇の歌といえば、始まりの2首と 終わりの2首が ともに天皇親子であるというのが、
百人一首の編者 藤原定家の 強い意図を感じます。
(参考)
38代 天智天皇   ( 1番歌)
41代 持統天皇   ( 2番歌)
57代 陽成天皇   ( 13番歌)
58代 光孝天皇   ( 15番歌)
67代 三条天皇   ( 68番歌)
75代 崇徳天皇   ( 77番歌)
82代 後鳥羽天皇  ( 99番歌)
84代 順徳天皇   (100番歌)
  歴代天皇一覧は、コチラ でご確認下さい。


ずっと天皇の歌は暗い歌が多いと思っていたのですが、
こうして眺めてみると、際立って暗い訳でもないのかなぁ〜と思えてきました。

ただ、三条院(68番)〜順徳院(100番)までの4首(天皇の歌の後半分)が、
恨み辛み悲哀を歌ったような響きがあるので、その様に感じて来ました。


その他、親王&内親王、含め皇族の歌は、絶唱タイプだなぁ〜と感じます。
13 〜淵となりぬる
77 〜われても末に
99 人もうらめしあぢきなく
20 わびぬれば & みをつくしても
89 絶えなば絶えね

この10首の中で、スマートだなぁ〜と私が思うのは、15番 光孝天皇の歌です。
・君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪は降りつつ


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。