女性の歌

百人一首には女性の歌が下記の21首あります。

02 春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山         持統天皇
09 花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに  小野小町
19 難波潟みじかき芦のふしの間も 逢はでこの世をすぐしてよとや    伊勢
38 わすらるる身をば思わず誓ひてし 人のいのちの惜しくもあるかな   右近
53 なげきつつひとりぬる夜の明くるまは いかに久しきものとかは知る  右大将道綱母

54 わすれじの行末まではかたければ 今日をかぎりの命ともがな     儀同三司母
56 あらざらむこの世のほかの思ひ出に いまひとたびの逢ふこともがな  和泉式部
57 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな  紫式部
58 有馬山猪名の笹原風吹けば いでそよ人を忘れやはする        大弐三位
59 やすらはで寝なましものを小夜更けて かたぶくまでの月を見しかな  赤染衛門

60 大江山いく野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋立        小式部内侍
61 いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな       伊勢大輔
62 夜をこめて鳥の空音ははかるとも よに逢坂の関はゆるさじ      清少納言
65 恨みわびほさぬ袖だにあるものを 恋にくちなむ名こそ惜しけれ    相模
67 春の夜の夢ばかりなる手枕に かひなく立たむ名こそ惜しけれ     周防内侍

72 音に聞く高師の浜のあだ波は かけじや袖の濡れもこそすれ      祐子内親王家紀伊
80 長からむ心も知らず黒髪の みだれて今朝はものをこそ思へ      待賢門院堀河
88 難波江の芦のかりねのひとよゆゑ みをつくしてや恋ひわたるべき   皇嘉門院別当
89 玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば 忍ることの弱りもぞする     式子内親王
90 見せばやな雄島のあまの袖だにも 濡れにぞ濡れし色はかはらず    慇富門院大輔

92 わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾くまもなし      二条院讃岐


この内、終わった恋も含めて、相手を思っての歌(恋の歌)と思われるのは、
19、38、53、54、56、58、59、62、65、67、72、80、88、89、90、92。
なんと、21首中 16首。 
女性の歌の約8割が 色恋に絡む歌のようです。

百人一首自体、百首中43首と 恋の歌が多いのですが、その内の約4割が女性の歌。
全体の2割の歌(女性歌)が、恋の歌の4割を占めている。
もちろん全ては、定家の選択によるのですけど。


♪女ひとり   デユークエイセス

歌詞

「女ひとり」の3番の「滝の音」は、55番 大納言公任の歌
滝の音はたえて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞えけれ
で歌われている「滝の音」のことです。
永六輔さんは、「ちびまるこ」シリーズまんが本の 百人一首本で
「はしがき」を書いておられますし 百人一首に造詣が深いのだろうと思われます。
この滝は、嵯峨嵐山の 大覚寺 にあります。


■嵯峨嵐山大覚寺   by Google マップ




posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック