メトン周期 (面白い月の周期)

記事 「月の自転周期は27.3? 29.5?」 では、
27.3日から29.5日を出すための大まかな計算をしました。

この1ヶ月の周期(日数)とはまた別に、
月の面白い性質に、メトン周期(19年)というのがあります。
この周期を求めるときは、もう少し細かい数値が必要のようです。


■メトン周期
19 太陽年は、 365.242194日×19 = 6939.601686日。
235 朔望月は、 29.530589日×235=6939.688415日。
このことから大体、19太陽年と235朔望月が等しいのが分かります。
この周期をメトン周期といいます。

例えば、
2007年のクリスマスイブが満月だったのですが、メトン周期から
2026年のクリスマスイブも満月だということが分かります。


■メトン周期よもやま話
1太陽年は平均約365.24219日。
1朔望月は平均約29.530589日。
1太陽年を1朔望月で割ると、12.36827……となります。
このままの値(分数でも表せない数[無理数])では暦に使うことができません。
そこで、この値に少しでも近い有理数(分数ならスッキリと表せられる数)を求めると、
25/2、37/3、99/8、136/11、235/19、4131/334、4366/353、…という値が得られます。
この中の 235/19 (12.36842…)がメトン周期に相当します。


posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 百人一首から月に親しむ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。