百人一首 四季の歌

四季の歌は、
春は 06首
夏は 04首
秋は 16首
冬は 06首、です。


■春
09 花の色はうつりにけりないたづらに わが身世にふるながめせしまに  小野小町
15 君がため春の野に出でて若菜つむ わが衣手に雪は降りつつ      光孝天皇
33 久方の光のどけき春の日に しづこころなく花の散るらむ       紀友則
35 人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞ昔の香ににほひける       紀貫之
61 いにしへの奈良の都の八重桜 けふ九重ににほひぬるかな       伊勢大輔
73 高砂の尾上の桜咲きにけり 外山の霞立たずもあらなむ        前中納言匡房


■夏
02 春すぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山         持統天皇
36 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ      清原深養父
81 ほととぎす鳴きつる方をながむれば ただ有明の月ぞ残れる      後徳大寺左大臣
98 風そよぐならの小川の夕暮れは みそぎぞ夏のしるしなりける     従二位家隆


■秋
01 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつつ      天智天皇
05 奥山に紅葉ふみわけ鳴く鹿の 声きくときぞ秋はかなしき       猿丸太夫
17 ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは     在原業平朝臣
22 吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風を嵐といふらむ      文屋康秀
23 月見ればちぢにものこそ悲しけれ わが身一つの秋にはあらねど    大江千里
29 心あてに折らばや折らむはつ霜の 置きまどはせる白菊の花      凡河内躬恒
32 山川に風のかけたるしがらみは 流れもあへぬ紅葉なりけり      春道列樹
37 しらつゆに風の吹きしく秋の野は つらぬきとめぬ玉ぞ散りける    文屋朝康
47 八重むぐらしげれる宿のさびしきに 人こそ見えね秋は来にけり    恵慶法師
69 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は 龍田の川の錦なりけり         能因法師

70 さびしさに宿を立ち出でてながむれば いづくも同じ秋の夕暮     良暹法師
71 夕されば門田の稲葉おとづれて 蘆のまろ屋に秋風ぞ吹く       大納言経信
79 秋風にたなびく雲の絶えまより もれ出づる月の影のさやけさ     左京大夫顕輔
87 むらさめの露もまだひぬまきの葉に 霧たちのぼる秋の夕ぐれ     寂蓮法師
91 きりぎりすなくや霜夜のさむしろに 衣かたしき独りかも寝む     後京極摂政前太政大臣
94 み吉野の山の秋風さ夜ふけて ふるさと寒く衣うつなり        参議雅経


■冬
04 田子の浦にうち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ    山部赤人
06 かささぎのわたせる橋におく霜の しろきを見れば夜ぞふけにける   中納言家持
28 山里は冬ぞさびしさまさりける 人目も草もかれぬと思へば      源宗千朝臣
31 朝ぼらけ有明の月とみるまでに 吉野の里にふれる白雪        坂上是則
64 朝ぼらけ宇治の川霧たえだえに あらはれわたる瀬々の網代木     権中納言定頼
78 淡路島かよふ千鳥のなく声に 幾夜寝ざめぬ須磨の関守        源兼昌
posted by 百人一首散策人 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 同じ語句、共通点 のある歌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。